あけましておめでとうございます&宇治でユーフォの風を感じてきました


遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

昨年はすっかりレビューしないフィギュアレビューサイトとなり果てておりましたが、
現在我が家では環境改善作戦(フィギュアの箱を上げたり下げたりして満足する作業)の決行中であり、
作戦完遂の暁にはぜひレビュー再開といきたいものです。
今年もよろしくお願いいたします。


さて、年始はいつも帰省ついでに近くの神社にぶらりと出かけるのが恒例なのですけれど、
去年は響け!ユーフォニアムにドはまりした年。

聖地である京都府宇治市は地元から1時間ちょっとの距離なので、
「帰省のタイミングで行かずにいつ行く!」
の精神でプチ巡礼に行ってきました。

もっとも、遅い時間にだらだら出かけたのであちこち見て回る時間的余裕もなくシーンの予習もろくにしておらず、
とりあえず大吉山に登ればいいやというひょいと乗り越えられそうなハードルを設定して出かけた私。

意識の低い巡礼者で本当にすまない。




20170102uji_013ss.jpg




続きを読む

鉄道で岐阜の彼の地へ その3 ~飛騨地方前編~


なんか気が付いたら「君の名は。」も150億突破で次はポニョを射程圏内に・・・という空恐ろしい状況になっているようですね。
「聲の形」も予想をはるかに上回る集客だそうで、こんな記事を書いている身としてもうれしい限りです。

大垣から飛騨をめぐる鉄道旅。少し間が空いてしまいましたが、その3です。





gifu20160924_060s.jpg





関連リンク:
鉄道で岐阜の彼の地へ その1 ~大垣「聲の形」編~
鉄道で岐阜の彼の地へ その2 ~大垣「聲の形」から飛騨「君の名は。」へ~

続きを読む

鉄道で岐阜の彼の地へ その2 ~大垣「聲の形」から飛騨「君の名は。」へ~


大垣、飛騨地方旅行記、その2です。





gifu20160923_065ss.jpg



関連記事:
鉄道で岐阜の彼の地へ その1 ~大垣「聲の形」編~

続きを読む

鉄道で岐阜の彼の地へ その1 ~大垣「聲の形」編~


この記事を書いて以来、「君の名は。」の舞台である飛騨へ再び訪れてみたいと思い続けてようやく連休到来。

しかもその後「聲の形」も公開され、これも舞台が同じ岐阜の大垣ときたもんだ。
偶然なのでしょうけれど素晴らしいタイミングじゃないですか。
強いインパクトを受けた2作品の舞台を同時に訪れることができるなんて、なんて幸運。

ということで、「聲の形」と「君の名は。」の舞台を2泊3日の日程で旅してきました。

いつもバイクな自分には珍しく、今回は鉄道旅行です。
瀧くん達がたどった道を追っかけるというのも目的の一つですからね。




自分が舞台探訪するときは大体そうなのですが、
作品と同じアングル、シチュエーションでのカット回収にはあまりこだわらず、気ままに聖地巡りを楽しんでいます。
よって、劇中カットと写真を並べてほらそっくり、っていうのはあまり出てこないのでそこんとこご了承いただければと。
(もうたくさん世に出回ってますしね
あと、結構ぐだぐだです。まあこれもいつものことですけど。






gifu20160923_039s.jpg

続きを読む

香取・鹿島神宮ご参拝ツーリング


旧日本海軍の練習巡洋艦である香取と鹿島。
練習艦とはいえ海外へ赴く機会も多く、他国の視線を集める存在であるためそれなりに立派な装備を施されていたとか。

現代においては香取・鹿島ともに海上自衛隊にて同じく練習艦のかとり、かしまとして復活し活躍しています。
(かとりは既に引退しその後継者がかしま)
海軍時代と同じ役割で現代に復活したパターンは珍しいですね。


香取については、旧日本海軍の戦艦、練習巡洋艦、そして海自の「かしま」と実に三代に渡って
その名前が使用されています。
初代香取は英ヴィッカース社製造ということで、あの金剛さんと同郷なのですね。




艦これでは比較的新顔な二人。
艦隊に参加していると演習での獲得経験値が増えるとあって、
彼女らには大変お世話になっているという提督諸氏も多いのではないでしょうか。










katorikashima.png


ウッ








ふぅ。

さて、そんな彼女らの名前の由来ですが、
千葉県香取市の香取神宮に茨城県鹿嶋市の鹿島神宮からとられたということをご存知の方も多いはず。

神社巡りが好きな自分にとっても絶好の巡礼ポイントであります。
ほぼお隣の市ということで2社の距離もほどほどに近く、まとめてお参りするにもぴったりです。

ということでちょっとツーリングに出かけてきました。





続きを読む