ファット・カンパニー 閃乱カグラ -少女達の真影- 雲雀

カグラキャラ独特のむっちりとした体を見事に立体化。

ファット・カンパニー 閃乱カグラ -少女達の真影- 雲雀

のレビューです。


039_fathibari.jpg


039_fathibari_s_001.jpg

039_fathibari_s_002.jpg

039_fathibari_s_003.jpg

039_fathibari_s_004.jpg

039_fathibari_s_005.jpg

039_fathibari_s_006.jpg

近年まれに見るむちむちぶり。
足の長さとか、なんだか妙にリアリティを感じる体つき。








039_fathibari_s_007.jpg

039_fathibari_s_008.jpg

039_fathibari_s_009.jpg

特徴あるアイプリもしっかりと再現。
花柄みたいな瞳が面白い。ディテールもしっかりしてます。

意外にうつむき気味で、ちょっとあおらないと視線をとらえられません。









039_fathibari_s_011.jpg

至近距離でガン見すると、瞳のインパクトが強すぎてバランスを損ない気味。
あまり寄りすぎず、ちょっと離れたところからある程度の量の情報を視界に入れることで
バランスが保たれ、この瞳もより生き生きとしてくるような気がします。








039_fathibari_s_010.jpg

後ろ頭。
髪はシャープではありませんがなぜかあまりダルいとは感じず、
このもっこりした髪もデフォルメの一環のように思えてくる不思議。







039_fathibari_s_016.jpg

3つのリボンがかわいらしい。
わずかながらグラデーションがかけられてます。










039_fathibari_s_012.jpg

039_fathibari_s_013.jpg

上はジャージ、下はブルマというなんともフェチい恰好。
やっぱりジャージを押し上げる胸元に目が引き寄せられますな。

造形自体は非常に整っていて、かっちりした印象を受けます。








039_fathibari_s_014.jpg

中にゴムの存在を感じる袖口の造形。
あ~ジャージの袖ってこんなんだよなぁと。
袖にはストライプが施してあります。はみ出しもほとんど見られません。
まあ単純な模様ですけどね。単純なところだけに、基本性能に影響するところ。








039_fathibari_s_015.jpg

ジャージを縦断するファスナー。
鈍く銀色に輝いていて、実にそれっぽい。









039_fathibari_s_019.jpg

足元。
手裏剣をモチーフにした台座にスニーカー、ルーズソックス。









039_fathibari_s_021.jpg

スニーカーにはかなりくっきりとした墨入れが施されてます。
墨入れは見た目グッと引き締まりますが、これはちょっときついかな?








039_fathibari_s_020.jpg

スニーカーの靴底にはちゃんと滑り止めのパターンが。
こういう丁寧な仕事は好印象ですね。









039_fathibari_s_017.jpg

039_fathibari_s_018.jpg

どっしりとした下半身のためか安定感はかなりのもので、台座がなくとも余裕で自立します。
自立するとなんだかお得な感じがするのは私だけでしょうか。









039_fathibari_s_023.jpg

039_fathibari_s_024.jpg

039_fathibari_s_025.jpg

ぎっちぎちにつまった胸元!
ジャージがスゲーきつそうでございます。
ファスナーを下して解放してあげたいぞフヒヒ(死









039_fathibari_s_027.jpg

039_fathibari_s_028.jpg

上から下から。
やはり下からの眺めは絶景。

ところでこの雲雀、スペック表によるとB80。






「うそだっ!」








039_fathibari_s_026.jpg

胸元にはワンポイントの刺繍が効いてます。校章?(ピントが別のところを向いてますが・・・)
エッジの効いたデザインでなかなかかっこいいですな!








039_fathibari_s_031.jpg

039_fathibari_s_032.jpg

039_fathibari_s_033.jpg

視線を徐々に下げていきましょうか。
紺色のブルマに包まれたお尻や
ボリューム感たっぷりのふとももなど、やはりこのフィギュアの神髄は下半身でしょう!








039_fathibari_s_029.jpg

039_fathibari_s_030.jpg

たまらん肉付き感ですな!
凹部分にはグラデーションが入り、ただでさえむちむちな足をさらに立体的に見せてます。









039_fathibari_s_034.jpg

ひざ裏が素晴らしい。
塗装、造形、実にprprしたくなるひざ裏であります。









039_fathibari_s_036.jpg

039_fathibari_s_037.jpg

ブルマ!
厚ぼったい感じが良く出てます。色もいいですね~。
紺色は昔から貴族が使うような高貴な色だった訳ですよ。つまりブルマは(略









039_fathibari_s_038.jpg

039_fathibari_s_039.jpg

ブルマのアップもいいですけど、やっぱふとももと両方味わえば
その魅力はさらに増大しますな!
ブルマから少しはみ出た尻肉にもグラデーションが掛けられており、
陰影がさらに魅力的に。
この製作者・・・フェチだな!








039_fathibari_s_042.jpg

039_fathibari_s_043.jpg

さらに低いところから見上げ。
ジャージの隙間からお腹がチラ見できます。ちょっとした幸福感。

さらに、写真では分かりませんが、ブルマの前部分にはわずかに、
肉眼で見てもほんとにわずかにですが魂の造形が!ヒィ!

ブルマでスジありとか・・・雲雀オソロシイ子。








039_fathibari_s_040.jpg

039_fathibari_s_041.jpg

陰影強調。
やや埋もれ気味だったジャージの皺もはっきり。







039_fathibari_s_044.jpg

039_fathibari_s_045.jpg

右手を付け替えてダブルピースに。

一部界隈ではすっかりネタとして定着した感があるこのポーズですが、
このダブルピースは実に可愛らしい。








039_fathibari_s_035.jpg

やっぱり、ちょっと引いたところから見たほうが
この子の長所が生かせる鑑賞方法かと。

まあ肉眼だとそんなに近づいてガン見はしないでしょうけどね。








039_fathibari_s_047.jpg

039_fathibari_s_048.jpg






以上。

ファット・カンパニーってうちでは初めてですが、いい出来ですね。

ディテールみっちり・・・というようなデザインのモデルではないので
細かいところを見て楽しむという感じではないのですけど、
細部の仕上げは実に丁寧であり、品質の高さを印象付けます。

後は何といってもこの造形。
カグラキャラのむっちり感が良く表現された、素晴らしい体つきになってると思います。
巷のスリムで足の長いフィギュアとは一線を画した造形ですけど、
それもキャラクターの特長を再現したからこそ。


まあ端的にいうとむちむちロリ最高ということです。


造形と仕上げが高いレベルで融合した、良い品だと思います。




コメント

非公開コメント