アルター インフィニット・ストラトス ラウラ・ボーデヴィッヒ メイドVer

アニメしか知りませんが、ISという素材はかなり好きな私。

紆余曲折ありながらも小説はイラストレーターが変わって再開したし、
TVシリーズも再始動のようですし、今後の展開が楽しみですね。

それにしてもまさかCHOCO氏とはねぇ。
PSのピクシーガーデンという超絶マイナーゲーで氏の作風にはまって、
一時期同人誌やらコミックやらかき集めてましたよ。
イグナクロス零号駅って今どうなってるんだ?
…へぇ、コミック3巻まで出てるらしい。買ってみようかなぁ。


っと、すごい勢いで脱線してた。

アルター インフィニット・ストラトス ラウラ・ボーデヴィッヒ メイドVer

のレビューです。



maidlaura.jpg



maidlaura_001s.jpg

maidlaura_002s.jpg

maidlaura_003s.jpg

なにこれめっちゃ可愛いんですけど。





maidlaura_006s.jpg

maidlaura_007s.jpg

赤らめた頬とへの字に曲がったお口がなんとも言えん可愛らしさ!これはヤバイです。
お顔のクオリティは流石のアルター、完璧に整った各パーツや仕上げの丁寧さなど、非の打ちどころなし。

にしても、彼女の特徴的なオッドアイがかなり強烈な印象ですな。
こんなインパクト抜群でしたっけ?







maidlaura_004s.jpg

maidlaura_005s.jpg

全身。こちらを振り向く姿にふわりと舞う長いスカート。
派手すぎず落ち着きすぎず、いい感じに動きを感じられる造形です。




maidlaura_008s.jpg

maidlaura_009s.jpg

う~む正統派メイド服!(どこら辺が正統派なのか良く分かりませんが





maidlaura_012s.jpg

maidlaura_019s.jpg

横から下から。






maidlaura_014s.jpg

やや上から。
なかなかに鋭い前髪。




maidlaura_013s.jpg

ラウラヘッド。
こういう、髪を両側に束ねたときに出来る分け目が可愛いと感じるのは自分だけではないはず!





maidlaura_015s.jpg

maidlaura_016s.jpg

maidlaura_017s.jpg

maidlaura_018s.jpg

胸元の編み込みや大きなリボン、エプロンの裾など、メイド服のフリフリ感がこれでもか!という程に。

やっぱ基本白なんですけど、白一色でややもすれば眠い印象になりがちなオブジェクトにも
シャドウやスミ入れがしっかり入れられており、そういう印象を一切受けないのは流石ですね。




maidlaura_020s.jpg

maidlaura_021s.jpg

またポットとカップがすげーんですわ。
表面は艶々でちゃんと陶器の質感が出てますし、
上品な金の縁取りや装飾など、良くもここまでという感想しか出てきませぬ。




maidlaura_022s.jpg

しかしこの子がこんなもの持ってたら、割ったりしないかとハラハラしてしまう。




maidlaura_023s.jpg

台座。
艶消しに映えるLAURAの文字。センスよく仕上がってます。
サイズも必要最小限で、スペース的にも優しい。




maidlaura_024s.jpg

maidlaura_025s.jpg

ふくらはぎ。
着用しているストッキングらしきものには薄くパールが入っており、なんだか不思議な質感です。






maidlaura_026s.jpg

maidlaura_027s.jpg

maidlaura_029s.jpg

maidlaura_030s.jpg

maidlaura_031s.jpg

おみ足を隠すロングスカートですが、
この角度からだけふわりと舞い上がっており、眩しい肌色を見せつけてくれます。






maidlaura_032s.jpg

お盆をハンドガンに持ち替えて。

このラウラ、交換パーツが豊富でして、
髪はロング or サイドテール、
顔は照れ顔 or キリリ顔、
左手はお盆 or ハンドガン、
さらには眼帯と、色々組み合わせることが出来ます。





maidlaura_033s.jpg

うむ、いきなりかっこよくなりましたな。





maidlaura_034s.jpg

maidlaura_035s.jpg

maidlaura_036s.jpg

maidlaura_037s.jpg

お顔もキリリ顔と眼帯で。

いやほんと可愛いですな。

最初の照れ顔もいいですが、個人的にはこっちの方が好み。








maidlaura_038s.jpg

maidlaura_039s.jpg

手に持つのはドイツ人らしく、H&K社のP8。(今ググった

この銃、スライド部分が稼働する上、なんとマガジンも着脱可能。
写真撮り忘れましたけど、マガジンには弾丸も装填されているというあり得ない程の凝りっぷり。

まあマガジン外してもどうしようもないんですけどね。
どうせならマガジンに沿えるような右手も付いてれば完璧!まあ流石にそこまでは無理か。




maidlaura_040s.jpg

眼帯を外して。
何気にお口もさりげなく歯の造形ありですな。




maidlaura_041s.jpg

maidlaura_042s.jpg

照れ顔&ロングヘア&眼帯。
う~む、何を組み合わせても可愛い。




maidlaura_043.jpg maidlaura_044.jpg maidlaura_046.jpg maidlaura_045.jpg

maidlaura_047.jpg maidlaura_048.jpg maidlaura_049.jpg maidlaura_050.jpg

という訳で、ラウラ7変化。(8人いますが
お盆に持ち替えればさらに倍!




maidlaura_053s.jpg

maidlaura_052s.jpg

maidlaura_051s.jpg

長い髪とハンドガンの組み合わせも捨てがたいなぁ。
髪を翻しながら戦うってのも優雅でいいですよねぇ。実際は邪魔なだけでしょうけど。





maidlaura_054s.jpg

さてガードが固めなスカートの奥ですよ。
ふとももにはホルスター。こっちからじゃただのバンドですが。
反対側から見たらちゃんとホルスターの形してるんですよ!撮り忘れましたけど!

長いスカートをばっとまくり上げて銃を取り出す刹那に覗く白いふともも。
王道ですがときめきますねぇうん。




maidlaura_055s.jpg

これだけのロングスカートなので覗き込むのはかなりの難易度なのですが、
その奥には素晴らしい眺めが!
ぷにっとしたふともも、良い肉付き感のお尻、そして谷間に食い込むぱんつ!

縞々というのはなんか意外ですが、それが見事にお尻の曲線をくっきりと浮かび上がらせております!
嗚呼、ぱんつに寄る皺の素晴らしさよ。




maidlaura_057s.jpg



maidlaura_056s.jpg

普通に立ってる状態ではどうしても前からのショットが取れなかったため、
やむなく寝っ転がってもらいました。
いやなんつーか…文句のつけようがありませんな。
両手を合わせて拝みたくなります。ありがたや。






maidlaura_058s.jpg

maidlaura_059s.jpg





以上。



wunderbar!
仕上げは流石のアルタークオリティで、造形自体はシンプルながらも情報量は十分。
細部をまじまじと見ても破綻しません。
よく、「写真ではこんなですけど、肉眼では気になりません」みたいなことを言ってますが、
このラウラにはそういうところが一切なかったことからも、クオリティの高さが分かります。
取り巻く小物のギミックも半端なく、モノとしての説得力ありまくり。

何よりもラウラが可愛い。照れ顔、キリリ顔どちらもとんでもなく可愛い。
単純ですが一番重要なところですよね。


問答無用でお勧めの逸品でございます。


検索キーワード:
ラウラ
ロリ
メイド
オッドアイ
ホルスター
ふともも





コメント

非公開コメント