大洗の海開きカーニバル(大洗町編)&曲がり松100円商店街へ行ってきた

前回の自衛隊編から結局1週間遅れてしまいました。
で、もたもたしてるうちに、次のイベントが重なってきてしまいました。


曲がり松100円商店街というのは、
大洗の曲がり松商店街のお店が、色々な商品を100円でご提供というイベントです。
まあ一種のお祭りです。

大洗には海開きで先週行ったばかりなので、こっちは参加するつもりなかったんですけど、
事情により当日の午前中バイクに乗ることになりまして、

「せっかく午前中にバイクに乗ってるんだからこのまま帰宅するのはもったいないな。
そういえば大洗でイベントあったっけ・・・プチツー兼ねて行くか」

という、いつもの思い付き行動により二週連続で大洗訪問となりました。


記事を分けるのがめんどくさい鉄は熱いうちに打て!ネタはホットなうちにやれ!

ということで、先週の海開きと今週の曲がり松100円商店街の様子を一挙にご紹介します。









と、この後もこの調子でまずは海開きの記事を書いてたのですが。


PCがフリーズして全部吹っ飛びました


しかもこういう時に限ってなぜかfc2の自動保存が動いてないし。
もうね最近よく聞くあれですよ。激おこですよ。

・・・この言葉ってなぜか怒りが和らぎますね。アホッぽ過ぎるからだろうか?(笑



という訳で、同じ内容をもう一度書き直す気力が失せてしまいましたので、
曲がり松100円商店街の様子をメインで、途中海開きの様子も織り交ぜながらと言う感じで行こうかと。



130720_oarai100yen_001s.jpg

あんこう焼きです。
友部SAで売ってたものです。

先にできたあんこう焼きはこっちのはず。
まいわい市場のあんこう焼きはなんかこじらせてあんなのになりましたが(笑





そのまいわい市場は、

oaraiumibiraki_153s.jpg

こんなことになってました。
海開きの時の写真ですが、店内を飛び出して外までずら~っと長蛇の列。
どこの企業待機列?






130720_oarai100yen_002s.jpg

米三さんが休憩所として開けられており、そこにはねこにゃーが。
元の鞘に収まってるのを見るのは初めてなので、なんか感慨深い。






130720_oarai100yen_004s.jpg

130720_oarai100yen_005s.jpg

お昼はそど子の大進さんでおそばを。
豆腐好きな私は、そば豆腐なるものをセットで付けてもらいました。

普通の豆腐とそれ程味は変わりませんが、
時々こりっとした食感があって「お、これがそば?」と言う感じ。
美味しかったですよ~。

しかし蛍光灯下での食べ物の写真って難しいですねぇ・・・





130720_oarai100yen_006s.jpg

大洗の相場をまじまじと見たのは初めてですが、やっぱり安いですね~。
ざっと見ても5万を超える物件がほとんどないという。
駐車場も安いし。
こっちじゃバイク止めるだけで同じ料金取られますよ・・・





130720_oarai100yen_009s.jpg

曲がり松100円商店街イベントの一環として、各店舗の軒先には風鈴が多く飾られています。
ちりんちりんと風情のある音色はなんとも涼しげで、どこか郷愁を誘いますね。

ちなみに今日の大洗は気温20度前半で、海開きとはうって変わって実に過ごしやすい状況でした。
というか、むしろ夜は寒かった。






さて、大洗の商店街を歩くということは食べ歩きの旅でもあります。
ましてや今回はお店で100円以上の買い物をするたびにスタンプがもらえ、
5個集めるごとに抽選のチャンス!
商品は・・・

130720_oarai100yen_032s.jpg

ニンテンドーDS?間に合ってます!
キャラクターグッズはどうもガルパンじゃないようで良く分からん!
洗剤?俺はボールド派なんだ!(うるせえよ

と言う訳で、狙うは銀賞のポスターのみ!






130720_oarai100yen_008s.jpg

キャプテンのお店、鳥考さんのから揚げ。
めっちゃやわらかで味もしっかりついてます。ガンガン口に運べる味。





130720_oarai100yen_007s.jpg

鳥考さんの店先には声優さんのサインや写真などがずらっと。






130720_oarai100yen_013s.jpg

130720_oarai100yen_012s.jpg

さおりんのお店、大串屋商店さん。
こちらもかなりにぎやかな店頭です。
お店は小さなお子さんが走り回っていて、そういう意味でもにぎやか。





130720_oarai100yen_024s.jpg

男の心を射止めるさおりんの肉じゃが。
ホクホクのじゃがいもに柔らかく煮込まれた人参が美味。少し甘めの味付けはほっとする味です。





130720_oarai100yen_014s.jpg

桃ちゃんのお店、石福さん。
こちらも色々飾られてます。
異彩を放つこの物体は、砲弾の抱き枕でしたっけ?(笑






130720_oarai100yen_022s.jpg

130720_oarai100yen_023s.jpg

アッサムのお店、お茶の国井屋さん。
肴屋本店さんのダージリン様みたく、ティーセット完備。







130720_oarai100yen_015s.jpg

130720_oarai100yen_016s.jpg

カメですか?
カメですね。






130720_oarai100yen_017s.jpg

130720_oarai100yen_018s.jpg

店内の一角が完全にガルパン棚に。
チャーチルと、なぜかヘッツァー。




130720_oarai100yen_019s.jpg

この絵、なんか見たことあるような・・・
てかアッサムって喋ったっけ?劇中では喋りませんでしたよね?
ドラマCDではどうだったんでしょうか(買ってない

OVAか劇場版では是非活躍の場を!






130720_oarai100yen_020s.jpg

新製品、茶~ちる歩兵煎茶。
一つの商品にダジャレを二つ仕込んで来るとは恐るべし!






130720_oarai100yen_021s.jpg

こちらはティーセット。
アッサムティーとクッキーです。
紅茶は基本ホットを冬場にしか飲まないんで久しぶりでしたが、
ちょうど良い濃さと甘さは乾いたのどにスッとなじむ飲みやすさ。





130720_oarai100yen_026s.jpg

130720_oarai100yen_025s.jpg

あんこうのから揚げ。
これはめちゃくちゃ旨かった。目の前で揚げたてってのも大きいですけど。
綺麗な白身の繊細な味が素晴らしい。




130720_oarai100yen_028s.jpg

商店街は通行止め。
大洗の商店街って意外に交通量多いんですよね。






130720_oarai100yen_027s.jpg

16時くらい。
始まったばかりでまだ人もそれほど多くはないですが、
夜になると大勢の人でにぎわいます。






130720_oarai100yen_029s.jpg

海開きに続き、こちらでもブルーホークスの演奏が行われました。
前回はステージの上ですが、今度は通りを移動しながらの演奏です。
これぞブラスバンド。





130720_oarai100yen_030s.jpg

ブルーホークス、転回するの図。
ガルパンファンにとっては、彼らもすっかりおなじみですね。





130720_oarai100yen_033s.jpg

130720_oarai100yen_035s.jpg

鉄道模型の展示もありました。
劇中のシーンをジオラマにして、旅館などに納めてらっしゃるようです。






130720_oarai100yen_034s.jpg

130720_oarai100yen_036s.jpg

爆走するスーパーひたち。
確かにジオラマ部分は素晴らしく精巧で、いつまで見てても飽きない感じ。




130720_oarai100yen_037s.jpg

秋山殿のお店、年宝菓子店さんではなぜかカッティングステッカーの販売が。

で、照準器のステッカーを買ってしまった・・・
バイクのスクリーンにでも貼ろうかな・・・

「前方のトラックが4シュトリヒだから車間距離は・・・」うむ高速で使える!





130720_oarai100yen_048s.jpg

ももがーのうすやさんでは鶏のから揚げを頂きました。写真撮り忘れましたが。
串カツもおいしいですが、から揚げは揚げたてに塩コショウを振ってあってこれがまた旨い!

で、うすやさんも相変わらずグッズやらなんやらが順調に増えてってるのですが、
なんか引っかかったこの写真。
右下の会長が・・・なんか、こう・・・







130720_oarai100yen_039s.jpg

祭と言えばの焼きそば。大洗青年会?の出し物です。
シラス塩焼きそばとかめっちゃ旨そうだったんですが、
ここまで来ると流石に腹の方がギブアップ気味で断念。





130720_oarai100yen_040s.jpg

19時から上映会をやるというので、その告知。
何やるんだろう・・・TV版鑑賞会かな?






130720_oarai100yen_041s.jpg

鹿島臨海鉄道も出店をやってました。
こちらはあんこうのキーホルダー。
どれも少しずつ形が違ってて、あふれ出る手作り感。





130720_oarai100yen_042s.jpg

会場では和太鼓の演奏も。
ただ叩いて空気を震わせる、それだけなのにこの音のバリエーションと厚み。
和太鼓って素晴らしい。





130720_oarai100yen_043s.jpg

抽選会はあっという間に長蛇の列が出来ました。

ちなみに私の抽選結果は・・・まあのどを潤すことはできました。
ビームサーベル差しでポスターを持って帰る夢は儚くついえました。






130720_oarai100yen_045s.jpg

大音量で流れる「Enter Enter Mission!」
大丈夫なのか?と不安になる(笑

でもこの曲ってほんと名曲ですよねぇ。






130720_oarai100yen_047s.jpg

猫と戯れたり。
中々鋭い視線を送ってきよるわ。






130720_oarai100yen_049s.jpg

そうこうしているうちにあたりも暗くなり・・・






130720_oarai100yen_050s.jpg

茨城信用金庫の駐車場で野外上映会開始。

最初は完全に暗くなるまでのつなぎと言うことで「サバイバル・ウォー」。
よりによって「サバイバル・ウォー」かよ!

まあ上映しようとしてる回のディスクに入ってたOVAがたまたまそれだったからでしょうけど。

で、本当の上映は第4、5.5、10.5、11、12。
大洗が舞台になる回と、まとめと、最終回といった内容。




当然普段は家で見る訳ですけど、こうやって大人数で屋外で鑑賞会ってのも新鮮でいいですね。
盛り上がる場面は一斉に拍手が起こったり。

特に、司会進行が肴屋本店の若大将だったということもあり、
肴屋本店に戦車が突っ込むあの場面では拍手喝采の大盛り上がり!
あまりない環境と言うことも相まって、会場は妙な一体感が(笑





130720_oarai100yen_052s.jpg

モデルになった町のど真ん中で屋外鑑賞会なんてのもまずない訳で。
肴屋本店の人が司会進行やってるということは、あくまで大洗の人による企画でしょうし。
(今回は流石にバンダイビジュアルの人はいませんでした)

地元から率先してこういうイベントを企画してくれるというのは、
ファンにとっては何とも嬉しいことですよね。



そういえば、鑑賞会のほとんどはこっち側の人間なんですけど、地元の人もちらほらと見かけました。
地元の人にはこのガルパンと言う作品がどういう風に映ってるのかと言うのは気になりますよね。

多分地元のほとんどの人が最初にガルパンに触れたのは
「うちの町がアニメに出てるらしい」
ということで読んだ新聞記事だったり、にわかに町中に貼られ始めたポスターだったりかと思うのですが、
じゃあアニメも見てみようかと言う人はそんなに多くないと思うんですよね。

有名になり始めるのは放送も終わりかけの頃なので、
見てみようと思ってもレンタルくらいしか方法がない。そこまでやって・・・というのもね。

そんな、大多数の人にとっては、
実は今回の上映会が動いてるガルパンに触れた初めてのイベントなんじゃないかと。

「ああ、あのお店の子ってこんな声だったんだ」「こんなキャラクターだったんだ」
と、少しでも進んだ見方をしてくれたら、ファンとしてもすごくうれしいことですよね。

聖地として盛り上がってるといっても普通その範囲は限定的なものだと思うのですが、
コンテンツと地元の人の距離が非常に近い(くなる可能性を秘めてる)のがガルパンの特長なのかなと。

ガルパンがそうなれた要因・・・
キャラの多さ(=個性豊かな子達を多くのお店で)、戦車という題材、企画に奔走する地元の青年会の存在・・・
ほんと、つくづく奇跡の産物ですよねぇ。








oaraiumibiraki_190s.jpg

oaraiumibiraki_191s.jpg

海開きが終わって、帰るときの空。
一日のうち一番好きな色。
わずかに残る夕焼けが群青色に溶けていくグラデーションが美しい。

群青っていう言葉も良いですよね。
青が群れるって、誰ですか命名したのは。素晴らしいセンスじゃないですか。

で、こういう群青色に浮かび上がるガルパンラッピング列車という風景も大洗ならでは。
な~んか、また来たいと思わせるポイントがちょくちょくある町なんですよね。






oaraiumibiraki_172s.jpg

次はこれ?
う~ん・・・(苦笑
翌日仕事ですが、頑張ります。





以上、いつもながらまとまりがありませんが、
大洗の海開きカーニバルと曲がり松100円商店街の様子のご紹介でした。




コメント

非公開コメント