E-M1と12-40mmと荒川直人氏ジオラマ作品展と

E-M1の12-40mm F2.8レンズキットが届きました…。
結局買ってしまいました。

12-40mmは高性能な標準ズームが欲しかったので早々に購入決定していたのですが、
本体はかなり悩みましたね~。

画質の大幅向上はないらしいということで今回は見送りでも良かったのですが、
圧倒的にホールドしやすくなったグリップ、
フィギュアの瞳にフォーカス合わせるのに重宝するスモールターゲット、
ズイコーレンズが生き返る像面位相差あたりの機能面での強化は魅力的だと判断して、
お買い上げとなった次第です。



で、細かい所の確認もそこそこに、とりあえず持ち出して使ってみました。

お題は、コトブキヤ5Fで開催されていた荒川直人氏のジオラマ作品展です。
氏のジオラマはイベントでもたびたび見かけますが、
そのたびに度肝を抜かれます。


対象が小さいということもあり、
接写に長けるとの触れ込みの12-40mmにとって相手に不足なし!なのですがE-M1本体にとっては…

全体的にかなり暗いライティングの上、部分的に強いスポットライトが当たってたりして
明暗の差が激しい状況が多々あるという、初陣としては中々にきついお題ですが、
結果は如何に?



wildriverdiorama_060s.jpg


絞りは基本的に開放F2.8で。フラッシュは有りません。

ISOは状況によりますが、
引きのアングルは大体1000以下ですが、寄りになるとほとんどが3200まで上がってます。
それでもシャッタースピードが足りなくて、手ぶれ補正に頼りまくりです。

本体側の設定は、高感度ノイズ低減のみ弱に変更、その他はデフォルトのまま。
(ノイズ低減はoffでもよかったのですが、まあ何となく…)

後、同じジオラマなのにホワイトバランスが全然違う!というのがたまにありますが、
色々試行錯誤した残滓です。現像時に個別に調整する気力はありませんでした…



では、基本黙々と貼りますので、まずはジオラマの完成度の高さに括目するが良い!



wildriverdiorama_001s.jpg


wildriverdiorama_002s.jpg


wildriverdiorama_003s.jpg

wildriverdiorama_054s.jpg

生身の人間とMSとの絡みってすごく良い。




wildriverdiorama_004s.jpg

wildriverdiorama_005s.jpg


wildriverdiorama_006s.jpg

wildriverdiorama_007s.jpg

HDR1を使ってみました。
暗部がいい感じに持ち上がってきましたが、若干白がとび気味。
しかも、3回シャッターが下りるまでぶれ厳禁というのは中々辛い。
要勉強ですね。





wildriverdiorama_057s.jpg





wildriverdiorama_008s.jpg

wildriverdiorama_009s.jpg

wildriverdiorama_010s.jpg

wildriverdiorama_055s.jpg

wildriverdiorama_056s.jpg




wildriverdiorama_012s.jpg

ここまで強い光源が直接入ると、流石にうっすらと紫が…





wildriverdiorama_058s.jpg

wildriverdiorama_059s.jpg

マラサイとか渋いな!
地上ってことはジオン残党軍のイメージ?





wildriverdiorama_014s.jpg

wildriverdiorama_015s.jpg

wildriverdiorama_016s.jpg

wildriverdiorama_017s.jpg

地上で泥臭い戦闘を繰り広げるモビルスーツ部隊。
第08MS小隊を思い出すなぁ。





wildriverdiorama_018s.jpg

wildriverdiorama_019s.jpg

wildriverdiorama_020s.jpg

この一枚だけ、ISO上限を6400に上げて撮ってみました。
結果を見て、そっと元に戻しました。

いや、ここまで縮小すればそんなに気にはならないんですけどね…





wildriverdiorama_021s.jpg



wildriverdiorama_022s.jpg

wildriverdiorama_023s.jpg

wildriverdiorama_024s.jpg

マルコ!
この箱庭感。良すぎる。





wildriverdiorama_025s.jpg


wildriverdiorama_026s.jpg


wildriverdiorama_027s.jpg

なんか、赤が飽和してるような…





wildriverdiorama_028s.jpg

wildriverdiorama_029s.jpg


wildriverdiorama_030s.jpg

wildriverdiorama_031s.jpg

wildriverdiorama_032s.jpg

wildriverdiorama_033s.jpg

wildriverdiorama_034s.jpg


wildriverdiorama_035s.jpg

wildriverdiorama_036s.jpg

wildriverdiorama_037s.jpg


wildriverdiorama_038s.jpg

wildriverdiorama_039s.jpg


wildriverdiorama_040s.jpg

wildriverdiorama_041s.jpg



wildriverdiorama_042s.jpg

wildriverdiorama_043s.jpg


wildriverdiorama_044s.jpg

wildriverdiorama_045s.jpg



wildriverdiorama_046s.jpg

wildriverdiorama_047s.jpg

wildriverdiorama_048s.jpg

wildriverdiorama_049s.jpg

やっぱり飽和してるぞ!?
OLYMPUS Viewerで見たときはちゃんと階調が残ってたのに?
(これらはすべてLightroom5で現像)

という訳で、慌ててオリビューで現像し直し。




wildriverdiorama_062s.jpg


おお、オリビューだとまともだ…
というか、ダンボーの目もダメですね。

そういや最近発生しなかったので忘れてましたけど、
E-M1より前からこんな風に赤が飽和することがあったような気がします。

Lightroomがダメ?そりゃ困るなぁ…オリビュー重いし。
どうしましょう。なんか解決策有るんだろうか。教えてGoogle先生!

ちなみにオリビューでの現像はこの一枚だけで、他は依然としてLrです。





wildriverdiorama_050s.jpg

wildriverdiorama_051s.jpg

wildriverdiorama_052s.jpg

wildriverdiorama_053s.jpg




以上。


相変わらず凄まじいまでの完成度ですね。
メイキング情報も若干展示してありますが、なんかの部品を1万何千使ったとか、
聞いただけで卒倒しそうです。
見てる分にはすごく楽しいのですが…

これだけのクオリティのものを作り上げるには、
並々ならぬ集中力と根気とセンスが必要ってことですね…





で、E-M1ですが…

E-M5との写りの差ですが、ぶっちゃけよく分かりません(笑
E-M5のカリカリ描写に比べて、若干穏やかになったとか言われてもいるみたいですが、
同じ設定で並べて見ないと気づきませんね…


という訳で、細かいことはまた今度です。



コメント

非公開コメント

No title

おぉ、E-M1と12-40ご購入おめです!

確かに画質面では劇的な向上は無いみたいですが、ハードとしての魅力は上がっていますよね。
自分もα7と悩んだりもしていますが、なんやかんやでE-M1も欲しいです。
プロ機という事ですから、耐久力も上がってそうですし、ワンフェスみたいな数をこなす撮影の時には、安定した性能を発揮できそうなのも魅力ですからね~。

なんにせよ詳細のレポ楽しみにしております。

Re: No title

nichirouさん、コメントありがとうございます。

はい、相当悩みましたが買ってしまいました…

質感、剛性など、モノとしての出来は素晴らしいですね~E-M1も、12-40mmも。
サイズに対して重量があり、持った時のずっしり感が所有欲を満たしてくれます。
持ち運びの負担がちょっとだけ増えましたが…

写りについてはこれからですが、
前評判は聞いているので、
何か一つでもE-M5を上回るものがあればラッキー!くらいに考えてます(笑


いや~、今が一番楽しい時ですね。