スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E-M1とE-M5の高感度性能を比較してみる

外観の次は、肝心の画質について見ていきましょうか。

「ぶっちゃけあんまり変わらない」
という身も蓋もない評価が良く見受けられたため、
画質面に対するワクワク感は正直あまりなかったのですけれど、
そこは自分で確かめないと!


で、チェックするポイントですが…

店頭展示されているフィギュアは、大体が光量不足な状況にあります。
さらに、PLフィルターを使ったりすると輪をかけて光が足りなくなるため、
容赦なくISOが上がります。
なので、高感度耐性は自分にとってかなり重要なファクターな訳です。


ということで、今回は高感度についての比較です。



m4/3に高感度を求めることからして間違ってるという話もありますけど、
まあそこはサイズ・重量・画質のバランスを取った結果ということで…




em1_em5_4_200_noinfos.jpg

うちは一応フィギュアレビューサイトなので、テストの被写体もフィギュアで。
今回は色も見たいので、なるべくカラフルな人を選びました。

レンズは60mm F2.8マクロを使用。
レンズをテストするわけではないので、絞りはf4.0で統一しています。

カメラ側の設定は、どちらもデフォルトのまま。
OFFにすることが多い高感度ノイズ低減も「普通」の設定です。
ホワイトバランスもオート、測光はESP。
使用した画像は撮って出しのJPEGです。

光源はレビュー時と同じですが、
普段より若干、光源を強くして陰影を強調しています。

で、ISO値を変えながら撮影。




さて、前置きはこれくらいにしてとりあえず一枚。





em1_em5_4_200_noinfos.jpg

左右で微妙に高さがずれてるのはご愛嬌…(自分でも気持ち悪いのですが



違い、分かりますか?

自分には分かりませんw



左がE-M1、右がE-M5で、ISO200での比較なのですが、ほとんど同じですね。
気持ち、E-M1の方が露出アンダーのようですが。




では、以下に機種名を入れた比較写真を。
ついでに、オリビューのヒストグラムもいれてます。




em1_em5_4_200s.jpg

em1_em5_4_400s.jpg

em1_em5_4_800s.jpg

em1_em5_4_1600s.jpg

em1_em5_4_3200s.jpg

em1_em5_4_6400s.jpg

em1_em5_4_12800s.jpg

ヒストグラムも、E-M1の方が若干露出アンダーなことを示してます。
上位機種は、なるべく白トビを起こさないよう
露出が低めに設定されているというのを聞いたことがありますが、
このE-M1もそういう考えなのかしらん。

こうやって見比べても殆ど同じ…ではあるのですけれど、
E-M5の方は、ISO3200あたりから若干色褪せて来ているような気がします。
一方、E-M1は、ISO12800まで上げてもそれほど色に変化がありません。

逆に言うと、ISO1600までの領域ではほとんど差がないということですが。

ただ、元々の露出が若干違うため、あまり自信がありません。
厳密に露出を合わせてシャッフルすると分からないかも。






em1_em5_4_200_ups.jpg

em1_em5_4_1600_ups.jpg

em1_em5_4_3200_ups.jpg

em1_em5_4_6400_ups.jpg

ややアップ。
引きの絵で、低感度はほとんど変わらないということが分かりましたので、
こっちではISOの範囲を絞りました。

引きだと露出はE-M1の方が低い傾向だったのですが、
こっちだと逆転して、E-M5の方が気持~ち低いようです。

傾向が分かりませんねぇ。





em1_em5_4_1600_faces.jpg

em1_em5_4_3200_faces.jpg

em1_em5_4_6400_faces.jpg

お顔の等倍表示。
お、こっちでは高感度時の差がよく分かりますね。
前髪の影が落ちている肌部分の色変化が顕著。

でもE-M5、色あせてくるのかと思ったらそうではなくて、
むしろシャドー部に変な濃い色が乗っかって来てる感じですね。





しかし、改めてみるとこのチアフルミクさんはほんと天使ですな!






■ISO LOW(100相当)について
ISO100相当のISO LOWがE-P5から追加され、このE-M1にもそれは引き継がれました。
他社とは異なり、ISO100「相当」と表記しているところになんかもやっとするものがあるのですが、
どういう意図なんでしょうかね。

E-M1同士、ISO100と200の比較です。





em1_4_100_200s.jpg

ISO100の方は、ミクさんの脇の部分があっさり白トビしてますね。

オリンパスも、ISO100はダイナミックレンジが狭くなるということを公式に言っていたかと思いますが、
ここまで顕著に出るとは…


ただ、ISO200に比べてもノイズはさらに少なくなってます。


em1_4_100_200_actuals.jpg

メルルの足元あたりの等倍ですが、
ISO100の方がノイズが少ないのが見て取れます。


ノイズが少ないのは利点ですが、
ここまでじっくり見ないと分からないレベルなので、それを目的に使うことはなさそうです。
むしろ、ダイナミックレンジが明らかに狭まる方が問題かと。

使うシーンとしては、少しでもシャッタースピードを稼ぎたい時に
1/8000と合わせて使用する、くらいでしょうか。
その時もヒストグラムには注意した方が良さそうですね。







さて、まとめです。



「ぶっちゃけほとんど変わらない」という認識に偽りなし!(ぉ



とは言いつつも、高感度での色再現はE-M5より改善してますね。
ただ、ISO3200あたりまで上げてよ~やく分かるか分からないかレベル。
ISO12800ではそれなりに差が広がりますが、
ノイズの量は変わらないためそこまで上げることはありませんし。

まあ、自分はE-M5でもISO3200までは使っていたので、一応恩恵ありですね。
ISO1600までしか上げない人にとっては微妙かも?


ISO LOWはちょっと注意して使う必要がありそう。
低ノイズに飛びついてホイホイ使うと、後で愕然としそうです。





まじまじと見ないとわからないレベルですが、
一応画質面の向上も見られて一安心といったところです。

高感度ノイズ低減をOFFにした時の様子も見てみたいですね。



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。