メガホビEXPO2013Autumnに行ってきた(コトブキヤ編&〆)

メガホビEXPO2013Autumnレポート、とりあえずこれで最後です。

ラストはコトブキヤ編と、ちょっとしたまとめです。



megahb2013aut_kt008s.jpg


megahb2013aut_kt003s.jpg

megahb2013aut_kt013s.jpg

megahb2013aut_kt016s.jpg

megahb2013aut_kt017s.jpg

コトブキヤは、美少女系は割と大人しめの展示でした。
既に公開済みの浅間・智、忍野忍、リーファです。
リーファはかなり好みなのですが、まだどうしようか悩んでます…
スカートだったら飛びついたのに(そこかい






megahb2013aut_kt002s.jpg

今回新登場はこのサクヤ。
原型は公開済みでしたが、着色済みのお披露目はこれが最初ですね。





megahb2013aut_kt001s.jpg

この人角度が難しくて、他のフィギュアと同じように撮影すると、
こんな感じに顔が弓で隠れてしまいます。






megahb2013aut_kt004s.jpg

megahb2013aut_kt005s.jpg

という訳で、お顔を撮影するには、ある程度近づいて上から下から撮る必要があります。
ライブビュー必須ですね。





megahb2013aut_kt006s.jpg

megahb2013aut_kt008s.jpg

でも、上から覗き込めば、若干上目遣いの良い視線をもらえます。
凛々しい表情!美人ですね。





megahb2013aut_kt009s.jpg

megahb2013aut_kt010s.jpg

不思議な服。
中央部分はクリアパーツでしょうか?
服の下の肌色や、胸の谷間までがうっすら透けて見えますね。
このアングルからだとふっくらとした胸のふくらみも強調されます。
下からの眺めはかなりセクシーですね~。






megahb2013aut_kt007s.jpg

服は清純な白。
シャドウ部に薄い紫が吹かれており立体感があります。






megahb2013aut_kt011s.jpg

グッと弓を引く姿がカッコいい!
それにしても


megahb2013aut_kt018s.jpg

弓を引く姿がズドン巫女さんとかぶるなぁ。






megahb2013aut_kt012s.jpg

弓もかなりのディテール。
白地に金の装飾が気品を感じさせますね。
弓自体の流麗な曲線も素晴らしい。




megahb2013aut_kt014s.jpg

羽。
形状から、生えてるというより装備品のように見えますが。
こちらにもクリアパーツが使用されてます。





megahb2013aut_kt019s.jpg

前は意外と無防備で、
ちょっと見上げるだけでパンツやらガーターベルトが露わに。

パンツの作り込みは流石コトブキヤ。
穏やかなふくらみやディテールも文句なしです。
しかもかなりのハイレグだし。

清純さとセクシーさを兼ね備えたという感じですね。





以上。


コトブキヤはサクヤ大好きで、今までも複数のバリエーションをリリースしてきました。
ただその品質は微妙に安定してないようで…
このサクヤこそは頑張って欲しい所ですね。







では、まとめです。

今回はアルターの充実っぷりが目を惹いた回でした。
数の多さもさることながら、平均的なクオリティは流石アルターと思わせるもの。
注目度ナンバー1のシャル&セシリアに始まり、
春日野穹やそに子など、要注目キャラが目白押し。

個人的ヒットはThe Muse of Range Murataですね~。
村田蓮爾キャラの一種独特な雰囲気をきちんと再現しつつ、可愛らしく仕上げられてます。
これは即刻予約ですな。


あと、メガホビではいつもそうですが、
メガハウスやコトブキヤは美少女系だけでなく、
ロボットものやちょっと懐かしいアレやコレなどバリエーション豊かな展示でした。
今回は完全スルーしましたが…大手様では余すことなくレビューされているので、
気になった方はそちらもぜひ。


撮影のお話。
今回、最初から最後までフラッシュを使いましたが、
中々安定しませんね~。
嵌れば解像感も色もばっちりな結果が得られるのですが、
外すと露出オーバーorアンダーな写真が量産されてしまいます。
あと意外に手こずったのが、ブース正面から撮った時のフラッシュ光の反射。
凄く目立つので、どうしても真正面は避けて斜めから撮らざるを得ませんでした。
ある程度近ければ映り込みにくくなるんですけどね。

また、フラッシュ直射の印象を和らげるためスローシンクロを多用したのですが、
確かにいくらか自然な感じに仕上がるのですけど、代わりに手ぶれの確立も上がりました。
会場では露出を下げて対応しましたが、中々難しいですね。
いろいろシミュレーションしてみなければ。



以上、メガホビEXPO2013Autumnレポートでした。


良かった、とりあえず完走出来た。



コメント

非公開コメント