新東名を走ってみた

4/14に開通となった新東名高速道路。
当日はひどい天気でしたが、日曜はそこそこ晴れて絶好のツーリング日和。

というわけで、開通したての新東名を首都圏から浜松まで往復してきました。

いつもより縦に長め&画像多めです。



tomeionboard008.jpg



足柄SAよりスタート。
下り方面へ出てしばらく行くと、すぐに新東名への分岐の標識が。



tomeionboard001.jpg

・・・といってもつぶれて見えないですねぇ。

この画像は車載カメラの動画をキャプチャして切り抜いたものです。
なのでクオリティは推して知るべし。

キャプチャは切り抜いたものだからサイズも小さいし、
わざわざサムネイルにするまでもないかと思ってそのまま貼り付けてます。
カメラで撮った写真はいつも通りサムネイルで。


あと左側が見切れてますがそこはいろいろオトナの事情というやつなのでご容赦を。





tomeionboard002.jpg

御殿場JCT。
ここから新東名と東名に分岐します。
(超広角アクションカメラなので、視野が広い代わりに周辺の像がゆがむのはしゃーなしです)


行ったことのない分岐に入っていくときの緊張感と期待感は初回にだけ味わえる感覚。貴重。
旧東名とは明らかに色の異なる道路も気分を高揚させます。



tomeionboard004.jpg

しばらくは東名より高いところを走ります。
空が広い・・・

さらに、黒光りするアスファルト。真っ白な白線。

半端ない気持ちよさ。



車はまあまあ走ってますが、旧東名に比べるとスカスカです。
自分みたいな新しもん好きが大挙して押し寄せてるのかと思ってたんで、ちょっと意外。




tomeionboard005.jpg

最初のトンネル。



tomeionboard006.jpg


明るいし、めっちゃきれい。

出来たてなんでそりゃそうなんですが。

なんか、照明は全部LEDらしいです。




そういえば、新東名のトンネルはみな同じ温度だったなぁ。

「?」と思われるかもしれませんが、
バイクだと、温かいトンネル、寒いトンネルがあるのが文字通り肌で感じられるんですねぇ。
冬に温かいトンネルに入るとちょっとホッとしたり。
逆に寒いトンネルだと死にそうになったり。





tomeionboard009.jpg

スイスイと30kmほど?走ったところでSAの標識が。




tomeionboard010.jpg

ん?

路肩に車の列が・・・





tomeionboard011.jpg


なんじゃこりゃあああ!

SAの数キロ手前から順番待ちの長蛇の列が!
あんまり走ってないな~と思ってたのに、やっぱりそれなりに人が来てるみたいです。
こりゃ車の方は覚悟した方がよろしいかと。

まあここはバイクならではというところで、なかなか進まない列を尻目にささっと駐輪場へ。




shintomei_002.jpg

最初のSA、駿河湾沼津。

NEOPASA?東名のEXPASAとは違うのかね。
なんか書体が戦隊モノっぽいぞ(笑





shintomei_004.jpg

駿河湾を一望。う~ん絶景。

眼下には静岡名産の茶畑が広がっています。
緑が目に優しい。




shintomei_005.jpg

新東名のSAが今までのSAと違うのは、こんな風に下道からふらっと入ってこれるようになっていること。
地元の方々もSAの恩恵を受けられるということで、いいことじゃないでしょうか。





shintomei_003.jpg

そこかしこに花が。






shintomei_010.jpg

モールの中は人だらけ。
やっぱり皆、集まって来てますねぇ。





shintomei_009.jpg

しばらく待ってみたが適度に涼しくて、なかなかコーヒーが汗をかかない。
あきらめてこの状態でパチリ。






コーヒーをすすり終わったら、次のSAへ。






tomeionboard012.jpg

トンネルが多いなぁ。
「これより~連続トンネル」という標識がしょっちゅう出てきます。





tomeionboard008.jpg

トンネルから出る瞬間の眩さ。

光。





shintomei_011.jpg

しぞーかSA。




shintomei_013.jpg

新東名のどのSAもそうでしたが、山の中です。
すぐ後ろには山が迫ってたりします。





shintomei_012.jpg

養生中の芝生にぽつんとたたずむ椅子。




そうそう、静岡SAには面白い店が。





shintomei_019.jpg

遠目から見たときはなんか聞いたことない店だなぁ・・・なんて思いましたが、



shintomei_020.jpg

ん?



shintomei_021.jpg

・・・静岡だと思ったらアキバだった。



ではなく、バンダイ直営のセレクトショップ「STRICT-G」だそうです。
ガンプラの生産拠点が静岡にあるということで、それ繋がりでしょうか?

コテコテのアニメ調ではなく、オトナも楽しめるデザインにこだわったアイテムをリリースしているとのこと。

確かに、

shintomei_018.jpg

一見ふつーの柄Tに見えるさりげなさ。
よく見るとガンタンクですが(笑



shintomei_016.jpg shintomei_017.jpg

なかなかカッコいいんじゃないでしょうか。
このリングはちょっとアレですが(笑、
ホワイトベースの側面のデザインをあしらったマニアックな名刺入れとかもあったりして。




tomeionboard013.jpg


基本、新東名はずっと山間を進みます。
時々高いところにふっと出て、長めの良さに「おおっ」と思うこともありますが、
東名の山あり海ありの景色に比べると少し単調に感じなくもない。


ただ、巡航速度は東名に比べてかなり速いです。
空いているということもありますが、ふれこみ通り走りやすいせいもあり、
走行車線の車両もビュンビュン飛ばしてます。
アクセルべた踏みなんじゃないの?ってな軽もちらほら。

流石、設計速度140kmは伊達じゃない。





shintomei_026.jpg

最後のSA、浜松。
静岡と言えばヤマハ。ヤマハと言えば!


・・・音楽の方か。

建物がピアノデザインですな。




shintomei_027.jpg

ミュージカルな像。

・・・バイクは?





shintomei_025.jpg

中にはプチコンサートを開けるスペースが。


・・・あのぅ、発動機の方のヤマハは・・・






さて、浜松まで来たのでUターンをば。

というか、本当はここまで来るつもりはなかったんですが、
非常に快調な道程だったため気が付いたら・・・という感じ。

旧東名で浜名湖まで、って言ったらゲンナリもんですが。
この距離感の違いは素晴らしい。




帰りは静岡SAはすっ飛ばして一気に駿河湾沼津まで。




shintomei_029.jpg

なんか下りの方が建物が凝ってる。




shintomei_032.jpg

地中海っぽさをイメージしているらしく、確かにそれっぽいオブジェがそこかしこに。

火が灯った写真を撮りたかったのですが、流石にその時間までここには居られない。




shintomei_034.jpg

展望台には鐘があります。

子供たちが喜んで鳴らす鳴らす。

大体こういうところにある鐘って由来や効能(温泉か)の説明があったりするんですが、
ここには見当たらなかったなぁ。





shintomei_035.jpg


展望台から望む駿河湾。
グラデーションがきれいです。




帰りの時間に近づいたからか、

shintomei_039.jpg

そこにも、



shintomei_040.jpg

ここにも「満車」の文字。

だんだん疲れたお父さんが目立ち始めました(笑



これで大体16時過ぎ。

朝8時から飲まず食わず(と言いつつコーヒーくらいは飲みましたが)で走り続け、
流石に空腹も限界だったので遅すぎる昼食を。




shintomei_038.jpg

桜エビの卵とじ丼でございます。
大変おいしゅうございました。
(もうちょい桜エビの風味が強ければなおよし)




写真は以上で終わり。



この後足柄→海老名と向かったのですが、
そこで交通集中による大渋滞発生!
事故も合わさって30km!

結局新東名が開通しても渋滞のメッカである大和トンネル付近は全く状況変わらず。
そりゃ分散されるのは御殿場から西だもんなぁ・・・
海老名JCTまで伸ばさないと一番きつい箇所がクリアできないのでは・・・

というわけで、新東名を海老名JCTまで引っ張るのを切に望みます。


あと、車で行く場合(ほとんどの人がそうでしょうが)、
しばらくはSAへの立ち寄りはそれなりの覚悟を決めてかからないといけないかも。

上でも言っていますが、どのSAも入口には長ーい列。
女の子が「中に入るのに2時間くらいかかった」とか電話に向かって言ってましたし。

対してPAはそれほどでもないようなので、トイレ等はそちらで済ませた方が安全かと思われます。



それでもこのペースで流れるのであれば西への距離感がぐっと縮まるのも確かで、
東名に飽きた!静岡長すぎワロスという方(まあ両方とも私ですが。静岡県民の皆様すみません)には
最高のルートではないでしょうか。


まずは、半月後に控えたGWでのお手並み拝見といったところですね。


コメント

非公開コメント