スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【R18】エンブレイスジャパン 英雄*戦姫GOLD アーサー

英雄*戦姫GOLDの登場人物、アーサー。
エクスカリバーで有名な伝説の王の名を持つ彼女ですが、ゲーム中では「アイドル」だそうで。
そういやGiftからもそれっぽい恰好したのが発売されてましたね。

こちらのアーサーはどうでしょうか?


エンブレイスジャパン 英雄*戦姫GOLD アーサーのレビューです。

embracearthur_053s.jpg


embracearthur_001s.jpg

embracearthur_002s.jpg

お座りポーズなせいか箱は横長。大きさはまあ普通ですね。
イラスト等はありません。
裏面にはキャラの紹介文が記載されてます。

「ですわ」キャラか。






embracearthur_003s.jpg

embracearthur_004s.jpg

embracearthur_005s.jpg

embracearthur_006s.jpg

ベッド?の上にぺたんとお座りポーズ。
サイズは割と小ぶりで、1/8くらいといったところでしょうか。
長く伸びた金髪と濃紺のセーラー服の対比が目にも鮮やかです。





embracearthur_007s.jpg

embracearthur_008s.jpg

embracearthur_009s.jpg

ご尊顔。文句なしです。
小さめサイズですが、瞳の表現はディテールに富んでおり、
アイラインや繊細な眉毛にも特にアラは見当たりません。






embracearthur_010s.jpg

顔の輪郭が良い。
あっさりとした頬のラインが多い(気がする)萌えフィギュアですが、
こちらのアーサーは微妙な起伏が作りこまれており、
大槍葦人キャラの雰囲気づくりに一役買ってますね。






embracearthur_011s.jpg

穏やかな微笑み。
口周りも整っており安定感あります。






embracearthur_012s.jpg

ベレーっぽい形した帽子。帽子かぶった女の子っていいですね。
ちょっと塗りは荒いです。
バッヂなど、細かい部分の塗装を頑張ろうとしてる感はあるのですが。

で、ちょこんと載せるだけなので結構不安定です。
撮影時に幾度となく落下してムキー。






embracearthur_013s.jpg

embracearthur_014s.jpg

セーラー服は、造形はごく普通ですが、色は素晴らしいですね。
美しい濃紺、こういう色好きなんですよねぇ。
ハイライトとシャドーのグラデーションも丁寧で素晴らしい立体感。
セーラーカラーやスカートに入れられた真っ白なラインもいいアクセントになってます。

ただ、端々に接着剤のはみ出しが見受けられるのは残念。






embracearthur_015s.jpg

ぺたんこ座りで上体を後ろにそらせた姿が幼さを醸し出し。







embracearthur_016s.jpg

embracearthur_018s.jpg

ウェーブのかかった長い髪の造形はなかなかのもの。
いっぱいつけられた白いリボンが実にチャーミングです。
髪のディテールは、毛先をまじまじ見るとちょっとだるさを感じますけど、
まあダメというほどではないかと。





embracearthur_017s.jpg

傍らに置かれた王冠。
こちらはきっちりと接着してあって、アーサーに被らせることはできません。
しかし、小さいながらもかなり精巧にできてますねこれ。
格子状の塗装や金色部分の微妙な突起などいろいろ芸が細かい。






embracearthur_021s.jpg

ソックスとローファーが妙に凝ってます。
ソックスは、ただ足の一部を黒く塗っただけというフィギュアが多いんですけど、
こちらのアーサーはきちんとソックスの繊維?が形作られており、刺繍まで入ってます。
ローファーはその表面の質感に注目。

いや、こういうちょっとしたところのこだわりは好感が持てますね~。






embracearthur_020s.jpg




embracearthur_019s.jpg

最初これが何なのか分からなかったんですけど、
なんでも脱ぎ捨てた下着ということらしい。
なるほど、紐みたいなのは正に紐パンの紐ということか。

そう言われてみればだんだんそういう風に見えてきましたけど、
もうちょっと分かりやすい形にならなかったもんかとは思いますねぇ。

次はぜひとも



ウッヒョーぱんつぱんつぅー!



となる造形をお願いしたく。






embracearthur_022s.jpg

スカートから除く白い太ももはかなり華奢な印象。
ロリロリしくて良い。






embracearthur_023s.jpg

帽子をパージ。




embracearthur_024s.jpg

embracearthur_025s.jpg

お団子ヘアーがよく見えるように。






embracearthur_026s.jpg





embracearthur_027s.jpg

髪の塗装はもう一息ですね。
グラデーションというより一つの色の吹付濃度で濃淡を再現しているような感じで、
ちょっとあっさりしすぎな印象を受けます。






embracearthur_029s.jpg

スカートがすぽんと取れます。







embracearthur_030s.jpg

ブリスターの中見てなんだこのクマとか思いましたが、こういう風に使うようです。
クマのぬいぐるみで局部を隠す幼女…なかなか強烈な背徳感です。

えらく小さくないですかとか思いましたが、まあ気のせいと思うことにする。







embracearthur_031s.jpg

embracearthur_032s.jpg

無防備に投げ出された下半身。こりゃエロいわ。
太ももも絶妙なラインを描いております。
全体的に、体の線はかなりツボに来る出来です。





embracearthur_033s.jpg

決してむちむちしておらず、あくまで華奢な印象を受ける造形。
よく分かってらっしゃる。

ちなみにお尻は完全に床に設置せず、ちょっと浮いちゃいます。
まあ別に気にならないのですが。






embracearthur_034s.jpg

上はごっそり換装でビスチェVerに。






embracearthur_035s.jpg

embracearthur_036s.jpg

embracearthur_037s.jpg

キャストオフじゃないので、脱いだ後もごく自然な体系を保ってますね。
コストが許すのであれば他のメーカーもぜひこの方式でお願いしたい!






embracearthur_038s.jpg

embracearthur_039s.jpg

embracearthur_040s.jpg

embracearthur_041s.jpg

embracearthur_042s.jpg

先端はわずかに、ほんとにかすかな色づきが。
乳房の形は結構独特ですね。
でも小さいながらもしっかりとしたふくらみ、まだ主張の大人しい突起部分と、
ここにも素晴らしいロリイズム(よく分からん が表れております。






embracearthur_045s.jpg

この、ふともも間の隙間の広さがまたロリロリしさを(略






embracearthur_046s.jpg

embracearthur_047s.jpg

embracearthur_048s.jpg

embracearthur_049s.jpg





embracearthur_052s.jpg

足元を撮ってるふりして。

見事なスジでした。
単純な線でなく、それなりにしっかりと作られてます。






embracearthur_050s.jpg

embracearthur_051s.jpg

embracearthur_053s.jpg





以上。

非常に再現度の高い可愛らしいお顔にこだわりの感じられる体のラインなど、
かなりの良造形です。

惜しむらくはやはり仕上げで、
ところどころに見受けられる接着剤のはみ出しや塗料ダマが実にもったいない。


とはいえ基本的にはいい出来だと思いますので、
気になった方は是非。





にしても、前の直葉から使い始めたピンク背景ですが、
どうもいまいちだなぁ…締まらないというか…







コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。