【R18】エンブレイスジャパン 旅猫

エンブレイスジャパンより展開されている「猫の惑星」シリーズ。
サークル幸福書店さんのイラストを立体化するこのシリーズも、今回の旅猫で3作目ですね。

1作目の猫と椅子ですっかり虜になってしまい、以後続編を待ちわびるシリーズとなっています。
原案・イラストを手掛けるまめっち氏自身が原型も制作しているというところもユニークですね。
可愛いイラストも描ければ、その魅力をあますことなく伝えるフィギュア制作もお手の物なんて・・・何という才能。

天は二物を与えずなんて信じない!

もっとも、この旅猫の原型師はまめっち氏とは異なるようですが。
猫と椅子、しろいねこと続いた一種独特な雰囲気をたたえる作品に今回も仕上がっているのでしょうか?


エンブレイスジャパン 旅猫 のレビューです。




tabineko_012s.jpg


tabineko_001s.jpg

tabineko_002s.jpg

tabineko_003s.jpg

tabineko_004s.jpg

大きな旅行鞄を携えて旅の途中の猫さん達。
足元の猫などはコミカルな印象ですが、大きな猫さんの醸し出す色気たるや。
悩殺ポーズでヒッチハイクでもやってるんでしょうか。
こんなのが道端に立ってたら絶対停まりますよね。







tabineko_005s.jpg

tabineko_006s.jpg

tabineko_007s.jpg

今まで猫の惑星シリーズはどちらかというとロリ路線でしたが、
この旅猫さんはそれとは真逆のフェロモン全開、お姉さんキャラです。
特にこの目。印象的な赤い瞳にすっと細められたその目は、
単純な色気を通り過ぎてゾクっとくる凄みさえ感じます。
いやこういう目、大好物。







tabineko_008s.jpg

tabineko_009s.jpg

tabineko_010s.jpg

お召し物の方は、全身にフリルがちりばめられた真っ白なワンピース。
大人びたお顔の割にはかなり少女趣味ないでたちですね。
最もそのギャップがまた良いのですが…
スカートはかなり短く、ボリューミーな太ももが惜しげもなくさらされております。







tabineko_013s.jpg

ふわりと広がる漆黒の髪。
美しすぎる。やっぱり黒髪ロングだね!

髪のディテールはまあいつものエンブレイスジャパンといった感じで特に可もなく不可もなく。
髪の房の造形は自然で良いですね。
一定のクオリティは達成出来ているのではないでしょうか。







tabineko_011s.jpg

長い黒髪とのコントラストがまぶしい白いリボン。
フリフリドレスといい、猫と椅子の少女と共通のアイコンを多数お持ちです。
でも別人という設定。

あの少女が成長した姿…と思った方が個人的には色々漲ってくるのですけどね(笑







tabineko_014s.jpg

猫ですからしっぽも完備。
エナメルのようにテカテカ光る黒いリボンには、可愛らしさと艶めかしさが同居する不思議な感覚を覚えますね。







tabineko_015s.jpg

tabineko_016s.jpg

ドレスのフリルはかなり気合が入ってます。幾層にも重なった複雑な形状で情報密度も十分。
フリフリで甘々な印象ですが、かと思えばおなか回りはカラダにぴっちり張り付いており、
こちらも可愛らしさ&色っぽさの見事な合わせ技と言えるでしょう!






tabineko_018s.jpg

tabineko_019s.jpg

tabineko_020s.jpg

かなり大きな旅行鞄。
落ち着いた濃紺で丁寧にグラデーションもかけられており、質感高く仕上げられています。
ちゃんとキャスター付き。
引いて歩くだけじゃなく、持ち上げるための取っ手も横についていたりと色々なこだわりが見えます。
こういう小物にも手を抜かないあたり、好感が持てますよね。






tabineko_022s.jpg

tabineko_023s.jpg

いつもの猫。
いつにもましてとぼけた表情してますね(笑







tabineko_017s.jpg

旅行鞄に手をついてもたれかかる姿勢。
おみ足は太過ぎず細過ぎずで個人的にはちょうどいい感じ。
ふとももやひざ、ふくらはぎのラインは若干誇張気味ながらもメリハリの効いたデザインで俺によし!







tabineko_025s.jpg

tabineko_026s.jpg

くいっと持ち上げられたスカートの裾からは健康的な太ももと黒い下着が。
しかも紐で面積極小ですぜ。
白いドレスとの対比で黒下着がなおさらエロティックに感じられます。
後ろときたら持ち上げずとも丸見えな状態で実にけしからん。てか食い込みすぎでしょう!?








tabineko_028s.jpg

tabineko_029s.jpg

tabineko_030s.jpg

tabineko_031s.jpg

この人はお胸回りも非常に素晴らしい出来!
ドレスにキュッと持ち上げられた上乳の豊満さ、なめらかさは特筆に値します。
ああ谷間にスッと手を差し入れたい…






tabineko_032s.jpg

tabineko_033s.jpg

tabineko_034s.jpg









さてお待ちかね、キャストオフの時間です。















tabineko_035s.jpg

tabineko_036s.jpg

tabineko_037s.jpg

tabineko_038s.jpg

最近見かける頻度が高まった気がする、服が脱げるのではなく体ごと挿げ替えるタイプです。
少々コスト高になるのかもしれませんが、この方式は大歓迎ですね。
猫と椅子の子は着膨れっぷりが相当なもんでしたが、
こちらの旅猫は着衣状態でも脱いでも不自然さは全く感じられません。










tabineko_040s.jpg

tabineko_042s.jpg

tabineko_041s.jpg

どうですか奥さん(誰?  実に素晴らしい肢体じゃありませんか。
ドレスの呪縛から解き放たれた乳房は重力にひかれてわずかに下がるも依然として美しい形を保っています。
着衣状態では上乳が絶品でしたが、脱ぐと今度は下乳がいいですね~。

というか、乳、腰回り、おなかの微妙な起伏、もはや文句の付けどころのない完璧な女体!
ミロのヴィーナスとかよりこっちを美術の教科書に載せましょう。








tabineko_043s.jpg

tabineko_049s.jpg

下着もあらわな感じですが、黒い下着はどうも細かな造形が分かり辛くて困る。
まあ撮り方も悪いんですが…
ちと露出が低すぎました。








tabineko_045s.jpg

tabineko_046s.jpg

tabineko_048s.jpg






tabineko_044s.jpg

怪しい雰囲気を出そうと露出を下げましたが、単に暗いだけになってしまった。
光は加減が難しい。







以上。


猫の惑星シリーズ3作目、期待を裏切らない出来で大満足です。

今回は原型師さんが異なり、また以前の2キャラと違い色気満点のお姉さんキャラということもあって
どうなるか気をもんでいましたが、幸福書店さんデザインキャラの独特な雰囲気もきちんと引き継がれており一安心。

造形のシャープさや塗装はまだ改善の余地はあるものの、大きく不可となる箇所もなく。
キャストオフもボディすげ替え方式で、着衣/脱衣ともに実に自然な姿で楽しめます。
どちらも捨てがたいほど出来がいいので、どの恰好で飾っておくか悩ましい所ですな。

ちょっと気が早いですが、次のシリーズも楽しみです。



そういえば同時発売のちっちゃい猫と椅子も買ってあるんでした。
こちらもいずれ。





コメント

非公開コメント