徒然なるC87


今年最後のイベント、コミケが終わりました。
参加された方はお疲れ様でした。
今年は大みそかに被らなかったということで、例年より参加もしやすかったのではないでしょうか。

自分は1日目に企業ブースへ。
狙いはもちろん東映アニメーションの楽園追放です。

…そう、あの阿鼻叫喚の東映アニメーションブースです。



りんかい線の始発で向かったのですが、待機列の最後尾につけたのは10時半くらい。
いや~まさかあんなに西棟をぐるぐる引き回されるとは思いませんでした。

今までの企業待機列って、入場した屋内から普通に屋上に出てそのまま並ぶというものでしたが、
今回は混雑を避けるためとか言って、一部の企業のみわざわざ西棟をぐるりと一周してから列最後尾へ。

屋内から出て最初に待ち受けるのはダウンヒル(スロープ下り)、
そのままバックストレート(西棟一階)を駆け抜け、
駐車場でのジムカーナ(嫌がらせのように曲がりくねったルート)、
そして最後に待ち受けるヒルクライム(屋上への階段)と、
もう至れり尽くせりです。

これを欲望という名の燃料を燃やしながらガチ競歩で突破する訳ですが、
もう足回り(ふくらはぎ)が悲鳴を上げまくり。
特に最後の壁である階段がめちゃくちゃ辛い。
燃料はあっさり底をつきました。

今後もこれ続くのかなぁ。続くんならマジで1か月前のトレーニングを考えないと!?

で、ぜーはー言いながら最後尾につきましたが、それっきり列はうんともすんとも動かず。
15分くらいかかってようやく10列くらい?のペースで牛歩もいいところです。

レジが二台というのもありますが、
東映アニメーションのスペースが狭くあまり大人数をレジ前で待機させられない、
屋内の深部にあるのでたどり着くまでが大変、
他の企業と導線が被ってて移動できるタイミングが少ないなど、
色々不幸が重なっての結果のようですが。

結局解放されたのは14時半くらい。
うどんドロップとスペシャルセットは売り切れてましたが、目的のCG集はギリギリ確保できました。
よくもまああんなところに4時間も突っ立ってたなぁ、と自分を褒めたくもなります。

あまりにヒマだった&不満もたまってたということもあり、
最後の方は周りの見ず知らずの人たちと普通にあーだこーだと話してましたからね。
名も知らない人間の間に生まれる妙な連帯感(笑


まあ、楽園追放のヒット自体予想外だったということで、
ブースなどの設備面については仕方ないのかなと。

レジも、一部でささやかれているような売り子のまずさということは(少なくとも自分の時は)なく、
数十秒であっさり会計が終わりました。

物販の数自体もそれなりに用意されてたようですしね。
用意されている=欲しい人に行きわたる、という訳ではないのがアレですけど。

それにしても…
東映に限らない話ですが、始発でギリギリ買えるか否かっていう状況は何とかならんのかねぇ。

やっぱり、少し時間をおいての受注をあらかじめアナウンスしておくというのが買う側にとっては一番ですかねぇ。
早く手に入れたい人は現地に赴く、
急がない人は家でゆっくりポチるということで。






C87_008s.jpg

3DCG原画集と、クリアファイルをお買い上げ。

原画集の表紙のインパクトはかなりのもの。
突っ込みどころが多いとも言えます。
こういう、登場人物がハメを外しまくった一枚、いいですよね。
そういや裏を撮ってませんでしたが、裏にはフロンティアセッターやアーハンもいます。

クリアファイルは初めて見るポーズ。
相変わらず自信満々な表情とポーズが似合いますね。





C87_009s.jpg

キャラクターの身長比較とか。
ラズロさんが意外にデカいねとか。
え、高官ちっさくね?と思ったら1/5表示だったとか。





内容は、CGのメイキングが殆どを占めています。
これが非常に興味深い。
3DCGだからマシンに計算させるだけという訳ではないのだよという
コメンタリーイベントでの発言の真意がよく分かる資料になっています。






C87_010s.jpg

3DCGと聞くとなんとなく、
きっちりと破たんなく形状を作っていて360度どこからでも撮影可能、というように思いがちですが、
実際はアニメらしいデフォルメ感を出すためにあえて崩しているところも多いと。

右ページ右下のアンジェラののけぞりシーン、
アニメの一コマとしてみると別になんてことない感じですが、
3DCGではこの躍動感を生み出すためにありえない角度で腰を曲げているんだとか。
(左ページ左側)






C87_011s.jpg

ワームを押し潰すアーハンも、迫力ある演出を狙って装甲の配置を変えてあったり。





C87_012s.jpg

キャラクターの表情は特に微調整が入っているようで、
3DCGモデルから口や鼻の位置を細かく変えていたり。






C87_013s.jpg

角度限定の前提で微調整しているため、別の角度から見ると破たんするとか。

作画崩壊ってレベルじゃねー!(笑





C87_014s.jpg

ディンゴによるビル破壊シーンの複雑なレイヤー構造。





C87_015s.jpg

アーハンのバイザーのハイライト部は一コマ一コマ手書き。






非常に細かな調整や補足作業の積み重ねの結果、
あれだけの映像が出来上がっているということが良く理解できるようになっています。

専門用語もそれなりに出てくるので、3DCGの知識がない人には少し難しいところもあるかもしれませんね。







C87_016s.jpg

後半はスタッフ寄稿。
なんと2400年にもkawasakiは存在した!(笑

しかし、なぜに10R?
しかも宇宙人フェイスな2006年仕様とは。
スタッフが所有してるバイクなんでしょうか。

いいなぁ、私にもアンジェラさんまたがってくれないかな。
間違えた、私の愛車にもアンジェラさんまたがってくれないかな。






C87_017s.jpg

ファンが見たいのはこういうシーンですよね!!!
続編でもOVAでも何でもいいからぜひよろしく。

てかこのサンドワームの肉、普通にうまそうに見えるから困る。






C87_018s.jpg

C87_019s.jpg

アンジェラたんぶひぃぃぃぃぃぃ!





失礼、取り乱しました。

いろんな方が好き好きに書き散らしてあって(いい意味で)、
スタッフの作品への愛が感じられ見ている方もうれしくなります。





C87_020s.jpg

巻末にはローポリアンジェラとフロンティアセッターのペーパークラフト台紙も。
もったいなくて使えたもんじゃありません。

でもグラフィグみたいな感じで製品化されたら間違いなく買ってしまいますね~(チラチラ





C87_021s.jpg

もう一つの成果、ニトロプラスで販売されていたそに子&アンジェラのコラボポスター。
スーツじゃない、普通の恰好をしている公式アンジェラはこれだけ!
中々似合ってるんじゃないでしょうか。

しかしこうやって16歳設定のアンジェラが着てそれなりにイケるのを見ると、
そに子って結構子供っぽい恰好してるんだなぁと(笑

そに子の方は、アンジェラよりも胸や太ももが一回りボリューム増となっており
これはこれで非常にけしからんですね。






後は適当に写真を何枚か。





C87_001s.jpg

東棟の待機場所から見える夜明け、実は初めて見ました。
綺麗ですね。
夏コミでは見られない光景。





C87_002s.jpg

C87_003s.jpg

C87_004s.jpg





以上。

いや~今回は待ちました。ひたすら。
みんなよく待てますよね。自分もですけど。

思えば、これだけの人数が一度に集まっても大きな混乱もなく開催できるのは、
行列に耐性のある日本だからこそという気もしますね。
外国だと割り込み、乱闘、血の雨が当然の光景になりそう。

フィギュア関係は、グリフォンのみフィギュア展示してました。
疲れ果ててたので撮影しませんでしたが…
もう他のメーカーは展示する気がなさそう。
まあ、フィギュアは展示の機会が年に数回ありますから、そっちでということでしょう。




ではまた半年後に。

コメント

非公開コメント