figma レーシングミク2013 EV MIRAI ver & exride Spride.06 TT零13


結構延期してた気がしますが、去年末に発売されたレーシングミク MIRAI Verをようやく開封してみました。

やっぱりバイク乗りとしては、こういうバイクネタのフィギュアは外せない!




figma レーシングミク2013 EV MIRAI ver & exride Spride.06 TT零13

をセットでレビューです。




racingmikumirai_030s.jpg

何はともあれ、きちんとライディングフォームを取れるか、ですよね。



racingmikumirai_002s.jpg

おおお…

さすが、組み合わせを前提に考えて作られているだけあって非常に様になりますな!
前傾のきついスポーツバイクにfigmaをきれいにまたがらせるには色々ハードルがあるのですが、
要所要所に工夫がこらされており、いい感じにフィットしてますね。







racingmikumirai_004s.jpg

ノーマルポジションのステップだと、ミクさんの足が長すぎてステップに足が乗せられません。
そこで、足をきちんと載せるためステップ部分をかなり後ろに移動した替えパーツが付属しています。
写真はその替えパーツを使用。

人間だと、こんなに後ろにステップがあるととても体重を支えられませんが、
足の長いミクさんにはぴったりです。








racingmikumirai_006s.jpg

racingmikumirai_007s.jpg

スポーツバイクはスクーターなどに比べてシートとハンドルの位置が遠く、
おまけに間に邪魔なタンクがあるので、手をほぼいっぱいに伸ばして何とか届く感じ。

しかしながらハンドルグリップがフロントフォークを軸に回転するようになっています。
グリップを手前に回転させると少し余裕を持って手を届かせることが出来、自然なポーズになります。

手をピーンと突っ張った姿勢だとかっこ悪いですからね~。これは良い工夫。








racingmikumirai_005s.jpg

お尻はわずかに浮いちゃいますが、まあこの角度から見なければ気になりません。

前傾姿勢を取りつつステップに足を乗せるスポーツバイクにまたがるには
太ももが体に対して鋭角まで曲がらなければなりませんが、
このミクさんはそのあたりもばっちり。

意外と90度未満の高さまで太ももを上げられるフィギュアって少ないんですよね…







racingmikumirai_003s.jpg

という訳でフォームは満足。
ミクさんも可愛い。

しかし真正面を向いた顔がないのがちょっと残念ですね。
上目遣いで正面を向いた顔がついてたら「走ってる感」の出る演出も出来てなお良かったのですが。






racingmikumirai_013s.jpg

TT零13。
2013年、あのマン島電動バイク部門に参加し見事完走を果たした電動バイクです。
この時はsaitom氏デザインの2013年ミクが車体を華やかに演出しております。
主なデカールは既に貼られている状態なのでありがたいですね。
各種スポンサーロゴは自分で貼るのですが、その数50枚以上…

ムリ。







racingmikumirai_014s.jpg

凶悪なデカさのドリブンスプロケットが目を引くリア周り。
サスのシリンダーやステップも再現されていますが、チェーンは欲しかったなぁ…







racingmikumirai_001s.jpg

バイクの車体下部にスタンドをさせる穴が開いており、バイク自体も宙に浮かせたりして
動きを持たせることが出来ます。

X Gamesっぽく。








racingmikumirai_008s.jpg

スタンドなし、片足をついての停車姿勢。

フルフェイスが付属しており、首ごと挿げ替えます。
真っ先にセルティを思い出しました。そういや今二期やってますね。

しかしツナギ、カッコいいですね。
痛ツナギとして売り出しませんか?






racingmikumirai_009s.jpg

ドリンクで一休み。








racingmikumirai_011s.jpg






racingmikumirai_012s.jpg





racingmikumirai_015s.jpg






racingmikumirai_016s.jpg





racingmikumirai_018s.jpg






racingmikumirai_019s.jpg






racingmikumirai_017s.jpg





racingmikumirai_010s.jpg








racingmikumirai_021s.jpg

racingmikumirai_022s.jpg

ハングオフ!

一応、腰をずらすフォームをとることも可能。ちょっと無理膝っぽくもありますが…

流石に姿勢は安定しませんけど、期待以上のカッコよさ!







racingmikumirai_025s.jpg

racingmikumirai_026s.jpg

ノーヘルノーヘル。

2012レーシングミクさんのアスファルトっぽい台座がここで役に立つとは。


(しまった、右足が外向いてる…失敗)





racingmikumirai_027s.jpg

公道で膝を擦らない!








racingmikumirai_029s.jpg

もちろん他の1/12のバイクにも合わせられます。
これはトミーテックのジャイロキャノピー。

わずかにミクさんの方が小さいのか、ハンドルに手を掛けるとかなり腰が浅くなっちゃいますね。







racingmikumirai_028s.jpg

ツーリングの途中っぽく。









racingmikumirai_031s.jpg







以上。


いや~楽しい。
色々ポーズを取らせているとあっという間に時間が経ってしまいますね。
撮影はポーズ固定のフィギュアよりどうしても時間がかかってしまいがちなのですが、
この楽しさは可動フィギュアならでは。

TT零13はディテールの割には少し割高感を感じますが、
自分にとってはミクとバイクを組み合わせてこその製品なのでまあ仕方ない。
組み合わせたときのハマり具合はかなり満足度の高いものでしたのでその点には文句もなく。

バイク(特にSS)にうまく乗せられるfigmaってなかなかないのですが、
これを機に増えてくれるとうれしいですねぇ。

望み薄ですけど…













コメント

非公開コメント