【特に理由はないけれど】羽田空港で徹夜してきた


それは先週の土曜の夜のことでした。
やることもなく、半開きの口でぼけーっと天井のシミを数えていたところ、突如声が聞こえてきました。



謎の声:「聞こえますか…今…あなたの…心に直接…呼びかけています…」

自分:「! 何?」

謎の声:「羽田」

自分:「え?」


謎の声:「羽田」




とこのように急に謎の声に導かれましたので、羽田まで出かけてきました。

謎の声も、何も夜中の11時半に語り掛けてこなくてもいいのにと思うのですが。




haneda_057s.jpg


もちろんもう電車はないのでバイクでGOです。

呼ばれてからルートとか所要時間とか中々かからないエンジンに活を入れてたりしたら、
結局出発は午前0時になってしまいました。

行こうと思ってからそんなことを調べ始めるあたり、本当に突発的な思い付きだったことがうかがえますね。

で、知らなかったのですが、環八をひたすら直進してたら羽田まで行けるんですね。
時間もうちからだと40分くらいでちょうどいい距離感です。
これは今後もちょっとぶらっと、という感じで行く動機になりそうです。



日中はいたるところで渋滞が普通な環八ですが、流石に午前0時を回った時間帯では込み合ってすらおらず、
すいすいと羽田まで到着。

24時間営業しているのは国際線の方だけなので、国際線の駐車場へ向かいます。
駐車場は9階建てですが、二輪は1階に専用駐輪場があるのでそちらへ。

バイクは先客が3台程。自分が帰るときもまだいたので、従業員のものですかね。

1階しか見てませんが、車もかなりぎっちり埋まってました。
こんな時間に空港の駐車場に停まってる車ってのはどういう目的なんだ。
従業員?出迎え?まさかフライトで行って戻ってくるまで停めっぱなし?







haneda_001s.jpg

くっそ寒い中走り続けて冷え切った体を震わせながら中へ。
中の室温は非常に暖かく保たれており、ほっとします。
冬のバイクは辛くてねぇ・・・







haneda_002s.jpg

まだ到着する便があるためか、ぱらぱらと人が中から出てきます。







haneda_004s.jpg

2階の到着ロビー。

ここに来たのは2/28だったので、まだひな壇が飾られていました。
脇には由緒正しそうな製作者(店?)の名前が書かれた札が掲げられてたりして。

高そう・・・
まあ、日本の玄関に飾るひな壇ですからね・・・


高そうなだけあって、服のディテールが素晴らしいですね。
顔のラインもなめらかで触り心地がよさそうです。
ちょっと肌の色が白い気もしますが、まあ好みの問題でしょう。
スカートの中はどうなってるんでしょうねウェヒヒ





はっ・・・いかんついいつもの癖が・・・









ところで、ターミナルって映画ご存知ですか?
2004年に公開された、トム・ハンクス主演の映画です。
訳あって空港から出られなくなった男が空港の中で生活する様子を描くハートフルコメディーってやつです。

劇中で、主人公は誰もいない夜の空港をやりたい放題満喫する訳ですよ。

まあ自分も夜の羽田に対してああいうのをイメージしてたんですな。




もしくはこれ。



What do you do when you’re stuck
at the Las Vegas Airport overnight?

一晩中、ラスベガス空港で身動きとれなくなったらどうする?


有名な動画なのでご存知の方も多いでしょうが、
夜の空港で一夜を明かす羽目になったおっさんがセリーヌ・ディオンを熱唱するというシュールな動画です。


そんな訳で、自分もセリーヌ・ディオンを熱唱するつもりでここに来た訳ですよ。









haneda_006s.jpg

めっちゃ人いるやん・・・

基本、どの椅子も満杯。
既に横たわって睡眠モードに入ってる人も多く、ここで一晩過ごす気満々な人たちばかり。
もちろんこの一角だけでなく、空港のどのフロアも同じです。

電車が終わってから到着した人か、明日早朝の便に乗る人かどちらかなんでしょうが、
こんなに人がいるとは思いませんでした。


これじゃ熱唱は無理だな。残念だな~
(というかあの動画スゲー気持ちよさそうなんで、割とマジにやってみたいですよね~)




まあちょっとイメージと違いましたが、気を取り直して・・・













haneda_005s.jpg

到着の最終は23:55の香港からの便だったようですが、0:47になってようやく荷物引き渡し中となっていました。
ずいぶん遅れたようですね。


しかしものすごい色かぶりしてますな。
確かにこのフロアはオレンジ色の照明でしたが、ここまできつくはなかったような。

フィギュア撮影でもないですし、今回はWBやら色かぶりの修正は一切なしです。









haneda_003s.jpg

haneda_007s.jpg

haneda_008s.jpg

haneda_027s.jpg

haneda_030s.jpg

一つ上がって3階の出発ロビーへ。やっぱり空港の華は出発ロビーですよね~。
こちらもベンチには人があふれてますが、
広くて天井の高い出発ロビーは狭い2階に比べてがらんどう感を強く感じます。







haneda_044s.jpg

広い面光源ですよね~。
こんなのでフィギュア撮ったらさぞかしいい感じに光が回りそうです。




はっ、またまたいつもの癖が・・・









haneda_023s.jpg

スイーパーの人たちやなんかポスター張り替えてる作業員の人たちでそれなりに活気を感じます。
とはいっても夜通し作業する訳ではないようで、2時を回ったあたりから静かになりましたが。








haneda_031s.jpg

カウンターにはもちろん人はおらず。









haneda_028s.jpg

空港独特の無機質感というのも一種の魅力。人がいないとその感覚がさらに増幅されるようで。
どこまでもカウンターが連なるような錯覚を覚えます。








haneda_029s.jpg

出国手続きエリアへの扉もClose状態。
ここを抜けたことは数えるくらいしかないのですが、この先は日本ではないというのは
なんとも不思議な感じがします。









haneda_019s.jpg

ロビーの上の階には江戸をモチーフとしたショッピングモールが作られてます。
知りませんでした。いつ出来たんだろうか。








haneda_009s.jpg

そのエントランスにも大きなひな壇が。









haneda_010s.jpg

中々良い雰囲気です。
警官が巡回してました。何度もすれ違ったんですが、カメラ持ってロビーをうろつく不審者に見られなかったかな(汗







haneda_020s.jpg

haneda_021s.jpg

普段は外国人観光客でにぎわっているであろう通路もがらーんとしてます。

しかし夜中になっても特にライトが消えたりということはなく、
常に煌々と通路が照らし出されてましたね。






haneda_022s.jpg

haneda_024s.jpg

haneda_026s.jpg

haneda_036s.jpg

haneda_035s.jpg

ちょうちんの赤。和傘の赤。







haneda_037s.jpg

こんなところに真姫ちゃん。







haneda_033s.jpg

haneda_034s.jpg

日本橋に江戸の各地の屏風絵(屏風じゃないけど)。
単に飛行機を乗り降りする場所にとどまらず、日本をアピールする場としての役割もしっかり果たしているようです。







haneda_038s.jpg

haneda_039s.jpg







haneda_032s.jpg







haneda_015s.jpg

haneda_013s.jpg

外に出てみました。
ほんのりライトアップされててなかなか良い雰囲気。

しかしくそ寒い。








haneda_012s.jpg

haneda_017s.jpg

haneda_016s.jpg

2時くらいまではまだ出発便もあるようで、滑走路に向かってタキシングしていく航空機も多くみられました。
トーイングトラクターが離れ、自力で前進開始する時の

「ヒィーーーーーンンンンンンンン・・・↑」

というエンジン音の高鳴り、最高。

しかし、真っ暗な中シャッタースピード稼げない状況で動く被写体を撮るのは至難の業ですな。
ゆっくりした動きとはいえブレまくり。
寒いので体も震えるし(笑







haneda_018s.jpg

既に眠りについている飛行機が駐機されています。








haneda_014s.jpg








あまりにも寒いので写真もそこそこに屋内にとんぼ返り。








haneda_042s.jpg

haneda_043s.jpg

綺麗に磨き上げられた床。
こればかりは人のいない深夜でないと中々見られない光景ですかね。

こういう隙のない美しさというのも無機質感を感じる一因だったり。







haneda_045s.jpg

第一便は6:10発の香港行のようです。

翌日は雨の予報だったのでそんな時間までいるつもりはなかったのですが・・・









haneda_041s.jpg

結局、居てしまいました。
気が付くと香港エクスプレスのカウンターに火がともり、チェックインが始まってました。

ベンチで死んでいた人たちがむっくりと起き上り、ふらふらとカウンターへ。
やっぱり、早朝発の便に乗るために夜を過ごしてたんですね。





うっすらと空が色づいてきたので、再び外へ。






haneda_046s.jpg

haneda_047s.jpg

haneda_048s.jpg

いつの間にか、出発に向けて既にボーディング・ブリッジに連結されている旅客機が多数。
低いエンジン音も響いており、短い休息から目覚めた空港の姿がそこに。








haneda_050s.jpg

荷物の搬入中。
ANAの第一便はソウル行きのようです。これがそうかな?







haneda_049s.jpg

暗がりの中、香港エクスプレスが出発していきました。
行ってらっしゃい。

と、ここで残念なお知らせ。
この日、国際線の出発滑走路はDでした。
各ロビーから一番遠い所です。
離陸していく様子はほとんど見えませんでした。残念。








haneda_058s.jpg

haneda_059s.jpg

haneda_060s.jpg

代わりに、着陸は目の前のA滑走路。
比較的近距離に降りてきてくれました。

着地も燃えますよね~
目いっぱいに展開されたスポイラー、逆噴射のためにがばっと開いたエンジン、腹に響く逆噴射音。
オトコノコにはその一挙一動がたまらん訳です。

しかし、今回は飛行機の撮影はさっぱりですね。
まだ薄暗いためかピントが後ろに抜けまくるし(明るめに写ってますが露出が高めでした
他の機体にがっつりかぶってるし、ぶれてるし(腕が悪い








haneda_051s.jpg

正面の国内線に目をやればそちらでも出発便が慌ただしく動き出していました。
今回はずっと国際線に居ましたが、今度は国内線の方にも行ってみたいですね。









haneda_054s.jpg

This is 東京。

もうちょっと左にカメラを向ければ東京タワーも入るのですが、
代わりに旅客機が見えなくなるので。







haneda_052s.jpg

haneda_053s.jpg

雨の予報が出るくらいですから空は残念な感じなのですが、
時折雲の合間から見える朝日というのもいいものです。









haneda_057s.jpg





haneda_055s.jpg






haneda_056s.jpg






以上。

うむ、満足。



城南島にもたびたび行きますが、飛行機、良いものです。
久しく乗っていませんが。

次は国内線ですね。





コメント

非公開コメント