ヴェルテクス 戦場のヴァルキュリア セルベリア・ブレス


ヴェルテクスより発売された、戦場のヴァルキュリア セルベリア・ブレス のレビューです。






vertexselvaria2.jpg



文章は一番下にまとめて。


vertexselvaria_047s.jpg


vertexselvaria_046s.jpg








vertexselvaria_029s.jpg


vertexselvaria_027s.jpg


vertexselvaria_028s.jpg









vertexselvaria_002s.jpg


vertexselvaria_003s.jpg










vertexselvaria_005s.jpg


vertexselvaria_004s.jpg











vertexselvaria_010s.jpg

vertexselvaria_009s.jpg












vertexselvaria_013s.jpg


vertexselvaria_014s.jpg


vertexselvaria_011s.jpg


vertexselvaria_012s.jpg










vertexselvaria_016s.jpg


vertexselvaria_015s.jpg


vertexselvaria_006s.jpg












vertexselvaria_019s.jpg


vertexselvaria_020s.jpg











vertexselvaria_025s.jpg









vertexselvaria_039s.jpg










vertexselvaria_030s.jpg









vertexselvaria_034s.jpg






vertexselvaria_035s.jpg



vertexselvaria_037s.jpg


vertexselvaria_043s.jpg









vertexselvaria_017s.jpg










vertexselvaria_022s.jpg










vertexselvaria_021s.jpg











vertexselvaria_023s.jpg


vertexselvaria_024s.jpg










vertexselvaria_026s.jpg









vertexselvaria_050s.jpg









以上。


デコマスを見た時からその雰囲気に惹かれていました。
穏やかな佇まいながらも凍てつくような迫力を感じるセルベリア様です。


vertexselvaria_image.jpg

こちらが元となった雷太氏のイラスト。(四艶少女画展の時のもの)


雷太氏曰く、「身長175cmあるため、スーパーモデルのような体型とした」とのこと。

すらりとした四肢ながらも、出るべきところは出て引っ込むべきところは引っ込んだメリハリの効いたボディ。
というか出っ張りすぎてて私の体の一部も出っ張りそうです(黙れ

こちらのヴェルテクスセルベリア様はまさに雷太氏のコメントを具現化しています。
イラストの再現性は見事といっていいのではないでしょうか。


対峙した者の心を射抜く真紅の瞳はフィギュアでもしっかりと再現。
立体化されたセルベリア様の中では最も強い視線をお持ちですがキツ過ぎるという訳では決してなく、
むしろ見る角度によってはどこか憂いを帯びたようにもとれる、深みを感じるまなざし。
仕上げもシャープで丁寧、視線の方向もしっかりと感じられるため、ぐっと寄ってその複雑な表情を思う存分楽しむことが可能です。



真っ黒な服に包まれた細身の体を彩るのは金色に輝く装飾具。
今回、この漆黒と金色の対比を際立たせたくて、黒い背景に光量を落としたライティングとしました。
暗くてレビューの体をなしていませんが、たまにはこういうのもいいでしょう。

金色はかなり渋い仕上げ。赤も含め、色彩は抑え気味です。(まあ彼女のデザイン自体が色彩に乏しいのですが・・・
それゆえか全体的に落ち着いた雰囲気で、高級感すら感じます。自分はこれくらいの色使いが好みですね。



造形は十分満足のいくもの。
先に述べた、イラストの再現性という意味では素晴らしい出来ですし、
単純に一フィギュアとして見ても全体的なクオリティは非常に高いレベルにまとまっています。
服の皺、装飾のモールド、関節の存在をも感じる細やかな指先などなど、各部のディテールも十分。
量産で真っ先に気になる前髪も、まあこれだけ細かく造形されていれば自分は文句なし。



腰に差した剣はプラ製で一片のゆがみもなく、漆のように黒光りする表面処理で非常に見栄えします。
エッジにハイライトを走らせるとめちゃカッコいい。
柄の部分も鞘とは別の色できちんと塗り分けられています。
まあ当然といえば当然ですが、細かなところの積み重ねで全体のクオリティが向上していく訳で。

神は細部に宿るとはよく言ったものですね。




今回のセルベリア様にはメーカーさんも自信があったようですが、その言葉に偽りなく。
以前購入したヴェルテクス ToLOVEるーとらぶるーダークネス 金色の闇&黒咲芽亜と比較しても飛躍的な品質向上が達成されているのではないかと。
いやまあヤミとメアは水着なので比較するにはちょっとアレですけど。







さて勢いに任せてやたら褒めちぎった気がしますが、アラがないわけではありません。
勢い任せのついでに偉そうなこと申しますと、
ヴェルテクスがさらに高みを目指すために克服しなければならないのは

・塗装
基本的には高品質ですが、微妙な個所も。
うちのは袖口の金塗装が赤の部分まで浸食しており、かすれも見受けられました。
また、肌に最初から色移りしていたり、肌の表面がざらついているところも有り。(これくらいじゃ交換対象にはならないよなぁ)
なぜかすべて右腕です。パーツごとに仕上げる人が違ったりするのかしら。
ともかく、せっかく透き通るような美しい肌なのに台無しです。
品質のバラツキをなくす必要がありますね。

・髪
こういう、ばっさーとボリュームのある髪のキャラは、量産品になると髪のクオリティが造形、塗装ともに目に見えて下がりがち。
このセルベリア様も、前髪の造形は悪くありませんが後ろ髪が厚ぼったく、塗装もまだまだ伸びしろがあると感じます。
灰色ベースに少しシャドー吹いただけってのはちょっと寂しいですよね。銀髪に見えないし。
まあ銀髪の再現って難しそうですけど。

ちなみに今視線をうちのフィギュアケースに移したら、グッスマの三世村正が目に入りました。
この人も銀髪(というかほとんど白?)ですが、きれいです。
まあ設定上の色も違うっぽいので単純比較はできませんが・・・

いやほんと、髪が何とかなれば印象が劇的に上がるだろうに・・・というフィギュア多いんですよねぇ。

髪に不満を感じないメーカーってごく一部だけなので非常に高い壁だとは思いますが、
ぜひここは一念発起して頂きたい!





普段はあまり長い文章書きませんが、今回特別なのはヴェルテクスに期待しているから。

造形の確かさや商品化のチョイス(好みですが)は賞賛に値するもので、
上に述べたような欠点を克服することが出来れば自分の中では無敵になりうるメーカーです。
今後の商品展開も楽しみ。


という訳で、もちろん改善点はあるものの全体として非常に良く出来たセルベリア様でした。
滑り込みで店頭で購入したクチですが、非常に満足です。




スィーリア様も予約しているので、ぜひともこのクオリティを維持・・・いやいやさらに高めて届けて頂きたいものですね。









それにしても・・・セルベリア様ってぱんつ白なの?w
設定画とかないのかしら。




コメント

非公開コメント

ありがとうございました♪

急なお礼で困惑させているかもしれないんですが…(汗)こっつさんのブログ見させてもらって、下にばかり落ちてく気持ちを止めることが出来たというのか
気がついたら少し上向きになった気がしました。
良い言葉が出て来ずもどかしいのですが感謝してます。
厄年ではないはずなのに悪い事ばかり降りかかりため息ばかりの日々を過ごしていて
少しでも気分転換になればとブログのお散歩してたんですがだいぶ心が軽くなりました。

素敵なブログを書かれているこっつさんに今の悩みを聞いて頂けたらなとふと思い、勇気を出してコメントさせてもらいました。

突然でご迷惑ならすみません。
聞いてもらえるだけでいいので連絡してもらえませんか?