メガホビEXPO2016 Springに行ってきた プロローグ会場編


恒例のメガホビEXPO2016 Springに行ってきました。

普段はメーカーブースから先にご紹介するのですが、
今回は先に述べておきたいこともあるし、プロローグということでまずは会場の様子を。


megahb2016spretc_007s.jpg


この光景ももはやおなじみになりましたね。
例年は物販があるのですが今回は物販なし、展示のみでした。
なんで物販なかったんだろう・・・

物販スペースがない分広くなったのかしら。









megahb2016spretc_001s.jpg


megahb2016spretc_002s.jpg


入ってすぐ横のエリアでは写真教室なるものが開催されていました。
最近はデジカメでフィギュアを撮る人が増えてきたためか、主催者側でこのようなイベントを開催することが多くなりましたよね。
メーカーではニッシンが精力的にドールイベントで活動していますし。









megahb2016spretc_003s.jpg


ガチ機材で固められたブース。
どういうことを教えてくれるのか受講してないので何とも言えないのですが、
少なくとも機材は「ちょっと家でもやってみよう」というレベルではなさそうですw

逆に、最近モノブロックに興味津々な自分はうずうずと・・・









megahb2016spretc_004s.jpg


ちょっとだけ後ろで拝見させてもらいました。
光源の位置による影のつき方、それによって再現する時間帯といった内容のレクチャーでした。
面白そうです。教えてくれること一覧のようなものが見られれば良かったのですが。


ちなみに右の方(先生)が質量を持った残像みたいになってるのは、フィギュア撮影向けの低感度設定のまま撮っちゃったからですねw


メガホビの公式HPには、協力:有限会社NAPS、t-DESIGN LABという記載が。
t-DESIGN LABはちょっとわからなかったのですが、NAPSはここですかね。
バイク乗りの自分がNAPSと聞くとバイクパーツショップしか思い浮かばないわけですがもちろんそのNAPSではなく、
商品撮影を請け負っているスタジオのようです。

物撮りのプロにタダで教わることができるのかー次回もやるなら・・・ちょっと気になりますね。









megahb2016spretc_005s.jpg


今回多くの撮影者(だけでなく閲覧者も)を驚かせたレイアウト。
イベント会場中央にご覧のような円形のブースが組まれ、各メーカー一押し(?)のフィギュアが展示されていました。
これはちょっとあまり見ない展示方法ですよね。

何が問題かというと、人とフィギュアの距離。

遠い!

めっちゃ遠い!

今回自分は12-60mmのレンズ(35㎜換算で24-120mmの画角が得られる)を持って行ったのですが、それでギリギリというか、
各部のアップを撮りたいと思うともう無理。











megahb2016spretc_008s.jpg


隣の展示を換算120mmで撮ってこれくらい。(ノートリミング)
隣ですらこれですから、円の反対側に展示してあるフィギュアの後ろ姿を拝むためには、
撮影者にはそれなりの大砲が、鑑賞者には双眼鏡が必要になりますな!

実際、フォロワーさんの中には70-200mmのレンズを持ち出してる方もいらっしゃったりw
まさかフィギュアイベントで望遠大勝利!な展開になるとは思いませんでしたね。


晒しで展示するんだから何か間違いがあっちゃいけないという配慮でこれだけ距離をとったのでしょうけれど、
みなさん相当身を乗り出して撮影してたので(特にズームの利かないスマホ)、逆効果だったのではと思ったり。


まあ距離の問題さえなければ、人とフィギュアを遮るアクリル板もなければ黒い背景もない、
あまり見ることのできないフィギュアの後ろ姿もばっちり見られるということで(ただし被写体は遥か彼方ですが)そう悪くないとは思うのですが、
もう少し距離を縮めてもらえればなぁと思った次第。








その他に、クリエイターズトークショーと銘打ってアルターの原型師、sai氏のトークショーが開催されていました。
この方ですね。









最近だとこの原型を担当されています。





自分は聞けなかったのですが、原型師のトークというのもあまり聞く機会ないですよね。

写真撮影教室といい、メガホビEXPOも新しい道へ足を踏み出そうとしている様子がうかがえます。









megahb2016spretc_006s.jpg

はいふりのコスプレさんもいらっしゃったり、華やかな会場でございました。





ではイントロはこれくらいにして、次回からはメーカーごとのブースご紹介へ。




コメント

非公開コメント

No title

いやー、あの中央の展示はすごかったですね。
なにかの闘技場?と思いました。
距離があって、照明が暗く、この展示物を
売りにしたいのかどうか?逆にぼやけてましたね。
200 mm持っていってればと後悔。

次回は普通にケースに入れて欲しいです。
前面アクリルの弊害よりは、やっぱり
埃がすごいので。

Re: No title

学さん、コメントありがとうございます。


> いやー、あの中央の展示はすごかったですね。
> なにかの闘技場?と思いました。

自分は何かの祭壇か?と思いましたw 周りを像が取り囲んでてインディ・ジョーンズ的な。


> 次回は普通にケースに入れて欲しいです。
> 前面アクリルの弊害よりは、やっぱり
> 埃がすごいので。

埃ですか~埃は気が付きませんでした。なんせ遠いので射程が足りずディテールもよく分からず・・・
オープンでの展示はそういうところも問題になりますね。

主催者も色々試しているようですし、色々な要望を満たすのは難しそうですが、
少しずつ良い方向に向かってくれればいいなぁと。

それにしても、次回のメガホビは望遠持参がほぼ必須となってしまって今から戦々恐々ですw