グリフォンエンタープライズ ToHeart2 久寿川ささら スク水制服Ver.

水着のぬらぬらてかてか感にヤられて衝動買い。

ToHeart2 久寿川ささら スク水制服Ver.

のレビューです。


実にフェチい一品でありました。


014_sasarasukumizu.jpg

いつも通り周囲をぐるっと一周。



014_sasarasukumizu_001.jpg 014_sasarasukumizu_002.jpg 014_sasarasukumizu_003.jpg 014_sasarasukumizu_004.jpg

014_sasarasukumizu_005.jpg 014_sasarasukumizu_006.jpg 014_sasarasukumizu_008.jpg 014_sasarasukumizu_007.jpg


ウヘヘ・・・おっと失礼。

いやー
はだけた制服とか。
脱ぎ掛けのスカートとか。
スク水ニーソの絶対領域とか。

もう、フェチ要素てんこ盛りです。

赤いスカートと紺色のコントラストが目にまぶしいぜ。






014_sasarasukumizu_009.jpg 014_sasarasukumizu_010.jpg 014_sasarasukumizu_011.jpg



御尊顔。

ツリ目気味でしっかりした意志を持ったキャラクターのように感じられますが、
ちょっと傾げた頭が可愛らしさも演出。

ちょい調べた限りでは生徒会長だとか。なるほどそれっぽい。


アイプリは変なムラやはみ出しもなくきれいです。
眉毛や二重瞼のラインも実に繊細。






014_sasarasukumizu_012.jpg


なんだかちらりとのぞく耳が妙にツボった。






014_sasarasukumizu_016.jpg 014_sasarasukumizu_013.jpg


体をすっぽりと覆うような動きを感じさせる、かなりのボリュームの髪。
うっすらとグラデーションがかかっています。






014_sasarasukumizu_014.jpg 014_sasarasukumizu_015.jpg


毛先はちょっとダルめかな。

前髪は十分シャープだと思うんですがね。






014_sasarasukumizu_018.jpg 014_sasarasukumizu_017.jpg


一方指先はなかなか繊細で、ちゃんと爪も塗られてます。

ただ、スカートをずり落ちないよう足に押し込むんですが、
そうやると指がうまくスカートを摘む位置に収まってくれません。

まあそんな気にはなりませんが。







014_sasarasukumizu_019.jpg 014_sasarasukumizu_020.jpg


なんか上着の造形あっさりしすぎ?と思ったら、もともとこういうデザインなんですね。
リボンがないからよけいシンプルに見えるんでしょうか。

まあ正直視線はスク水にしか行かないのでこれまた別に問題ないのですが。






014_sasarasukumizu_021.jpg 014_sasarasukumizu_023.jpg


スカートにもうっすらグラデーション。
一応側面のファスナーも表現されてます。

上着もそうでしたが、塗りのはみ出しはいっさいありません。
単純なパターンとはいえ、こういう細かいところが全体のクオリティアップにつながるとかなんとか。





014_sasarasukumizu_024.jpg


台座はキャラクターの刻印がされたプレートが貼り付けてある以外は実にシンプル。

なんだか写真だと細かい擦り傷が目立ちます。
肉眼だと全然気になりませんが。

台座、ローファー、ニーソと黒もしくは濃い茶色なので、
スカートが映り込まないとなんとも地味な絵。







014_sasarasukumizu_033.jpg 014_sasarasukumizu_032.jpg 014_sasarasukumizu_031.jpg


このフィギュアのメインパート、スクール水着っっ!!

なんだこの質感、すごい。

背景を白にして正解でしたね。
レタッチソフトの覆い焼きでも施したかのように、周囲の光を反射してぬらぬらと輝きます。






014_sasarasukumizu_034.jpg 014_sasarasukumizu_035.jpg 014_sasarasukumizu_036.jpg


はちきれんばかりのお胸。
先端の位置もはっきりと分かります。

スク水の皺の寄り方が、中のモノがぎちぎちに収まってる感を演出していてとても良いですね。






014_sasarasukumizu_038.jpg 014_sasarasukumizu_040.jpg 014_sasarasukumizu_041.jpg


谷間!
はサイズの割に浅めです。
とりあえず、むぎゅっと寄せられてる故の表現だと思うことにする。

でも光を当てたときのやわらかそうな陰陽は素晴らしい。






014_sasarasukumizu_044.jpg 014_sasarasukumizu_042.jpg

スク水の下からこれでもかと浮かび上がる体のラインがたまりません。

わき腹や下腹部へのラインなど、何気に皺にも相当のこだわりが見られますねぇ。







014_sasarasukumizu_045.jpg 014_sasarasukumizu_046.jpg 014_sasarasukumizu_047.jpg 014_sasarasukumizu_049.jpg


スク水、ふともも、ニーソ、スカートとなんともゴージャスな絶対領域。(笑

濃紺とこげ茶に挟まれた真っ白なふとももが眩しい。






014_sasarasukumizu_050.jpg 014_sasarasukumizu_051.jpg 014_sasarasukumizu_052.jpg 014_sasarasukumizu_053.jpg 014_sasarasukumizu_054.jpg

邪魔な髪をよけて見上げてみると、なんということでしょう。

そこでは、
ぎゅっと食い込んだスク水によって押し出された尻肉と、
スク水自身によった皺が素晴らしいハーモニーを奏でているではありませんか。
(劇的風)


というか、ほんと皺に気合入ってますねぇ・・・
このお尻の皺は今まで見たフィギュアの中で最高かもしれん。
スク水とお尻の段差もたまらん。






014_sasarasukumizu_055.jpg 014_sasarasukumizu_056.jpg 014_sasarasukumizu_057.jpg


後ろに負けじと前も素晴らしい眺め。

センターにスジこそありませんけど、そこは生地の厚いスク水だからということで。
Vゾーンの皺だけでご飯何杯もいけそう。


いやしかし紺色と肌色の組み合わせっていいなぁ・・・。







014_sasarasukumizu_061.jpg 014_sasarasukumizu_060.jpg


見上げ。

ツリ目感が和らいで少し優し目な印象に?





014_sasarasukumizu_062.jpg


あやうくおっぱいで顔が見えなくなりそうとかなんという存在感。





014_sasarasukumizu_066.jpg


しかしこのスク水はホントすごいですよ。

単純な紺一色と違って、
光の当たり具合によって多彩に色が変わりますし、
光を反射して放つぬらぬらとした質感により、
濡れた感じはもちろんのこと、
ハイライト部分が体の微妙な起伏を浮かび上がらせて
何とも言えないエロティックな雰囲気を醸し出しています。(息切れ





014_sasarasukumizu_063.jpg



014_sasarasukumizu_065.jpg





はあ、何回スク水と書いたことやら・・・

という訳で、最大の見どころはスクール水着だと思うのですが、
きれいな塗装やむっちり感たっぷりの造形など、
全ての要素が高いレベルでまとまっていると思います。


スク水が三度の飯より好きな方は問答無用で買いかと。

あ、見るより着ることが好きな方は残念ながら対象外となっておりますので、
今回はご縁がなかったということで。






コメント

非公開コメント