シン・ゴジラ感想文


金、土と2回シン・ゴジラ見てきたのでだらだらと感想文を書きます。

ネタバレしまくりです。


紛れもなく庵野秀明作品ですね。というかエヴァですね。
見終わって最初の感想は、こりゃNERVのいない新世紀エヴァンゲリオンの世界だなと。

映し出される東京の姿、在来線が行きかう様子やクレーンが生えた高層ビルのシルエットなどの情景は
第三新東京市を強く連想させますし、
終盤でのトラックの隊列を前方からとらえるカットはまんまヤシマ作戦。

被写体と映し方(望遠を多用してシーンを切り取る)がエヴァと非常に似ているんですね。

極め付けはエヴァでも最頻出であろう作戦遂行時に流れる「デーンデーンデーンデーン、ドゥンドゥン」というあの曲。
この曲が流れてきたときは思わずのけぞりましたね。しかもしっくりきてるんだこれが。

ここまでエヴァっぽさを前面に出してくるとは想定外だったので終始変なニヤニヤが。
さすがに字幕はL字にはなりませんでしたが・・・w



さて、わたくし実はゴジラという作品をちゃんと通しで見たことがありません。
なので自分のゴジラ像は、たまにメディアで見かけるあの姿と「ゴジラ対○○」みたいな映画のタイトルだけで構成されており、結果
「最初はちょっと怖かったけど仲良くなったら他の怪獣と戦ってくれたりするこわもてのイケメン」
といった感じのものでした。

ところがこの映画のゴジラは人間にとって災厄そのもののように描かれていましたのでちょっと意外。

特に前半のクライマックス、ダメージを受けたゴジラが火炎放射とレーザーによって東京を焼き尽くすシーンでは
コーラスを乗せた悲劇的なBGMと相まって、どうすることもできない絶望と恐怖に見ているこちらも心が締め付けられましたね。

思えばデザイン面でも、従来のゴジラは若干瞼が吊り上がっていたりしてどことなく意思や表情を感じるデザインなのに対し、
シン・ゴジラはまん丸な目でどこを見ているのか分からない、何を考えているのか分からない、意思の疎通などできそうにない、
一種不気味なデザインですよね。
最初にその姿がはっきり見えたときの印象も「キモい・・・」でしたし(笑、 イケメン怪獣どこいった。

庵野監督の特撮といえばエヴァと同時に上映された巨神兵のあれを思い出しますが、どちらかというとあのノリだったのかしら。



未知の巨大生物が現れて右往左往しつつも現行法をいいように解釈して対応する政治ドラマのような前編と、
世界が崩壊した後ちりぢりになった主人公達が再び集結して悪を倒さんと立ち上がる後編(やや誇張表現あり)。

ハリウッドだと半裸のガチムチが大量の火器をぶら下げて殴り込みに行ってるところですが、
きっちりとした身なりの大勢の人間が英知(とコネと手回しと段取り)を結集して困難に立ち向かっていくさまはとっても日本的。
怪獣映画らしくないといえばそれまでですが、重火器持っていい日本人は自衛隊だけですから
そこは大変リアリティがあってよかったのではないかと。

そうそう、自衛隊の奮闘もたっぷり堪能できますよ。まあ怪獣映画の宿命であまり役には立たないのですが・・・w
しばらくの間、会話に「おくれ」を入れ込もう。



で、2回見た訳ですけど、別に謎多き作品という訳でもないのですけど未だ折り紙の下りと最終カットがよく分からず。
折り紙はまあ細かいことはいいかって感じですけど(笑、意味深な最終カットは気になりますねー。
まあぼちぼち解説してくれるサイトが現れるでしょうからそれに期待。
庵野作品ぽく特定の答えは無いのかもしれませんが。



最後に




新しい世代の監督が手掛けた作品が昔からゴジラを知っている観客を興奮させる。
熱いじゃないですか。



ゴジラが映るシーンは多分上映時間の半分もなくほとんどは人と人との掛け合いという異色の怪獣映画ですが、
エヴァチックな描画にニヤリとし、自衛隊にニヤリとし、話の展開にニヤリとし、ゴジラに恐怖を感じる。
素晴らしく楽しめました。

ちょっと間を開けたらまた見に行ってみようと思います。

コメント

非公開コメント

見てきました。

最終カットは、人間の手足が生えてましたね。
実は人間を生んだのは、神であるゴジラ。
遺伝情報の塊から別の生命を生み出せる
完全生物だからとか。リリスみたいなものかと。
あとヤマタノオロチを倒したあと出てきたのは
草薙の剣=人間とか。例によってエヴァぽい
要素満載でしたよねえ。
あと3回は見ます。久しぶりに元気を貰ったと思える映画でした。

Re: 見てきました。

学さん、コメントありがとうございます。

おっご覧になりましたか。
クライマックスの人型は同じことを思いましたね。
巷では博士とゴジラの関係もいろいろ妄想、いや考察されているようで。
こういう流れが生まれるのも庵野作品っぽいところですね。

自分は1回目は普通の映画館、2回目はIMAXで鑑賞しました。
次は4DXにでも行ってみるかと思案しているところです。