マックスファクトリー 叢雲改二 のデコマスご紹介


秋葉原ホビー天国にマックスファクトリーの叢雲改二が展示されていましたので撮影させていただきました。

原型:デイラ
彩色:あきもとはじめ



maxmurakumosample_006ss.jpg



公式はこちら







maxmurakumosample_003s.jpg



maxmurakumosample_001s.jpg



maxmurakumosample_002s.jpg



maxmurakumosample_004s.jpg



maxmurakumosample_005s.jpg



maxmurakumosample_006s.jpg


maxmurakumosample_012s.jpg



maxmurakumosample_013s.jpg



maxmurakumosample_010s.jpg



maxmurakumosample_008s.jpg



maxmurakumosample_011s.jpg



maxmurakumosample_007s.jpg



maxmurakumosample_009s.jpg



maxmurakumosample_014s.jpg



maxmurakumosample_015s.jpg









以上。

艦これで初期艦の中から最初に選んだのがこの叢雲でした。
なのでこの子にはそれなりに思い入れがあり、世間的にも人気がある方なのでいつフィギュア化されるんだろうと思ってましたが、
ようやくマックスファクトリーからリリースです。それも期待を裏切らない素晴らしいクオリティで。

もうこのお顔が好きすぎですね。こういうびしっと決まった強めの表情が大好物という嗜好のせいもありますが。
真正面はもちろんのこと、若干上から見下ろすアングルも良い。

躍動感のあるポーズに説得力を持たせるメリハリの利いた足の造形。
彼女のチャームポイント(?)でもある耳(耳?)のパーツ。
ふくよかではないもののしっかりとした芯を感じさせるボディライン。

そして「なんでそこにスリットが入ってんのよ!?(驚愕」ってなった胸元の表現が容赦ない。
しっかりと突起が造形されていてこれはもう完璧に確信犯。
マックスファクトリーとこれにOK出したKADOKAWAグッジョブです。

ストッキングのわっかの部分(名前あるんかこれ)でぎゅっと絞られたふとももや、
センターシームまでディープに作り込まれたスカートの中など、
肌色成分は驚くほど少ないのにフェチシズムに富んだ叢雲ちゃんなのでありました・・・

発売時期は1月だそうです。って来年かよ!
また忘れたころにやってくる案件だわ。






・・・ストッキングのわっかの部分はランガードというのか。
また余計な(でも大切な)知識が増えてしまった・・・

コメント

非公開コメント