花咲くいろはの舞台までツーリングしてきた(前編)

ども。ちょっと更新が開いてしまいました。

ツーリングレポです。

お盆は絶好のツーリングタイミングなわけですが、今年は3日程度しか時間が取れず、
この期間で行けそうな距離でまだ訪れたことがない所ってどこだ?と思案していたところ、
「そういえば北陸の方って行ったことないな」
「北陸と言えば石川に色々聖地っぽいのがあるな」
「よし」
ということで、今回のツーリングのターゲットは花咲くいろはの舞台と相成りました。

最初から最後までだらだらしたレポートですが、まあご覧になってください。


なおちょっと長いので2分割してます。ご了承ください。

写真は全てSIGMA DP2 Merrillで撮影。
単焦点のみでも意外と何とかなるもんだ。
バッテリーは3枚持参しましたが、二日目は3枚とも使い切りました。
こりゃもう一枚あってもいいな・・・

なぜかバッテリーやたらと安いんですよね。2000円しない。
普通バッテリーというともっとする印象ですけど。




irohatouring_t_i.jpg

さて、首都圏から石川は関越道→上信越自動車道→北陸自動車道と経由して行きます。
片道およそ500kmなり。泊まりありツーリングとしてはちょうどいい距離ですな。



練馬ICから関越にのって、ずんずん北上。




irohatouring_001.jpg

ここどこだっけ・・・?確か横川SAだったかな?
いつもは、後で写真整理するとき場所が分かるように、
最初に名称が書かれてる看板とかを撮るんですが、
なぜか今回は失念しててどこの写真か分からんものが多い(汗

どんよりした空模様で先行きが不安。





irohatouring_002.jpg

irohatouring_003.jpg

既に雨が降った形跡。
しっとりと濡れたした地面や草花。






irohatouring_004.jpg

ここは「おぎのや」の釜めしが有名。
具だくさんでおいしゅうございました。
やっぱツーリングの目玉の一つとして食は外せません。






irohatouring_007.jpg

次の休憩地点は東部湯の丸SA。

信州上田と言えば真田幸村で、サマーウォーズの舞台。

自分は結構好きです。BDも持ってるし。
次の機会はサマーウォーズめぐりでもいいなぁ。





irohatouring_006.jpg

流石武将ゆかりの地、お土産屋さんにも鎧がディスプレイされてました。
流石に売り物ではないようですが。





irohatouring_005.jpg

広場には、ラピュタでムスカがぶっ放した天の火の発射装置が。(違







irohatouring_008.jpg

さらに北上して、え~っと、これは妙高SAだっけ?
色々野菜が売られてます。






irohatouring_009.jpg

夏の風物詩スイカ。おいしそう。







irohatouring_010.jpg

もこもこした雲。鮮やかな緑。むせ返るような土と草木の匂い。姦しいセミの鳴き声。
これですよこれ。夏のツーリングは。
くっそ暑い中ヘルメットとプロテクター入りジャケットを着こんで
これはいったい何の修行かと思いながら走るのも、夏を実感する重要な要因の一つでもあったり。

ただくれぐれも水分補給は忘れずに。
今回は水に加えて塩分補給キャンディも持参しました。
効果のほどは・・・多少疲れにくかったような?そうでもないような。




irohatouring_011.jpg

北陸自動車道に入って最初のSA、名立谷浜。
ようやく日本海とご対面。
すごい海沿いにあるSAで、出口に向かう道路がまるで海に潜っていくように見えます。




irohatouring_012.jpg

エリア内にはちょっとした川が引かれてて、気持ちよさそう。
そこらへんの子供たちがさっそく靴を脱いでバシャバシャ。







で、ここからは日本海沿いに石川を目指すわけですが・・・

長野を抜けてからは晴れた状態が続いていたので大丈夫かと油断していたら、
富山県内でいきなりバケツをひっくり返したような雨に遭遇しました。

一寸先も見えないんでみんな速度が落ちて、高速だというのに50km位でののろのろ進行。
いや~あんな雨初めてでしたねぇ。あまりにもひどすぎてなんか変なテンションに。

「うぉ!!なんだこれすげ~!怖え~つか痛てててt」






irohatouring_014.jpg


とりあえず大急ぎで近場のパーキングに避難。
緊急避難だったのでいったいどこのPAなのか全く記憶になし(笑
そのうち日が射して来ました。でもすさまじい雨。なんかもう非常にカオスな状態です。






irohatouring_013.jpg

で、ふっとやんで空には虹。
なんかもう人を馬鹿にしてるとしか(笑

まあ虹なんて久々に見たので、よしとしましょうか。

しかしMerrillだと遠くの車のナンバーまでしっかり写っちゃうので加工するのがめんどくさいです。
まあ今はナンバーだけでは身元特定出来ないらしいので、
そう神経質にならなくてもいいのかもしれませんね。



とまあこんな感じで、初日はひたすら高速を走って石川入りし、能登半島の付け根ちょい北あたりの志賀と言うあたりで一泊。
ほんとは温泉宿が良かったのですけど、休み直前になって宿取ったんでほとんど空きがない状態。
仕方なくペンションに泊まりました。
長野とかだったらペンションが似合うと思うんですけど、石川ならやっぱ温泉でしょ!







2日目は6時起きで出発し、西岸駅へ向かいます。
ここからは車載も撮ってたのでそれも織り交ぜて。





irohatouring_syasai001.jpg

落ち着いた風景の中を進んでいきます。
交通量はそこそこあります。




irohatouring_syasai002.jpg

カメラ位置が低いんで分かりにくいですが、のと鉄道の線路と並走してます。
踏切があるのが分かりますかね?






irohatouring_syasai003.jpg

途中にある能登中島駅が見えてきました。(右手に見える建物ね)






irohatouring_syasai004.jpg

いったんストップ。






irohatouring_015.jpg

全景。
実はこの駅もいろはの舞台として出てきたらしいですね。
全く記憶にない・・・(汗







irohatouring_016.jpg

お!いろはのポスター!
うん、こういうのを見ると現地に来たという実感がわきますな。






irohatouring_018.jpg

湯涌温泉と並んでぼんぼり祭りのポスターも。
今年も10/16に第二回をやるということです。
アニメ内での祭りを現実世界で毎年やるって、よく考えるとすごいことですなぁ。





irohatouring_020.jpg

運賃表。
・・・結構高いね。でも駅の間は結構距離ありそうだから、仕方ないですかね。







irohatouring_019.jpg

青い駅看板。
のと鉄道の駅には通称がついてるらしい。
ここは「演劇ロマン駅」。なんか、演劇にゆかりのある土地なんですかね?

で、ここのお隣が「にしぎし」。







irohatouring_017.jpg

西岸駅方面を望む。
よく見たら電線がない。ディーゼル?







さて、西岸駅に向かいます。
所要時間はおよそ7分。







irohatouring_syasai005.jpg


到着~のまさにその瞬間、ちょうど列車が駅に入ってきました。
あわててホームに駆け込みます。






irohatouring_021.jpg

なんと運がいいことに、いろはのラッピング車両とのツーショット!
まだこんなのが走ってるんですね。







irohatouring_022.jpg

側面にはキャラが大写しで!
発進していく車両を慌てて写真に収めましたが、一発撮るのが精いっぱいでした。
この後ろにはちもちろん御花ちゃんもいましたよ。撮れなかったのが悔やまれる。
この後3~4回列車を見送りましたが、ラッピング車両が来たのはこの1回だけでした。

後で調べたら、この車両は車内アナウンスが各キャラによって行われてるそうです。
放送中そういうことやってたのは知ってましたが、今もそれが続いてるとは思わなんだ。
一回は乗車してみたいもんです。







ちなみに、西岸駅っててっきり湯涌温泉の最寄・・・というか、少なくとも近くの駅だと思ってましたが、
実際は

irohatouring_n_y.jpg

こんな感じに湯涌温泉から遠く離れたところにあります。(Aが西岸、Bが湯涌ね)
その距離なんと90km!遠っ!








irohatouring_023.jpg

「ゆのさぎ」看板。これもまだ残ってたんですね。
なんか錆びた感じとかすごく本物っぽい雰囲気を醸し出してる。







irohatouring_024.jpg

こちらが本物の看板。
うん、やっぱゆのさぎ看板の方が本物っぽいぞ(笑






irohatouring_026.jpg

外には廃車になった除雪車?が放置されていました。
錆び錆びで朽ちた感じがイイですねぇ。






irohatouring_027.jpg

irohatouring_028.jpg

かすれた「七尾鉄道部」の向こうにはうっすら「JR」の文字。
のと鉄道が元々はJRの経営だったことがうかがい知れます。






irohatouring_030.jpg

お、このアングルは劇中だか番宣のポスターだかであった気がする。







irohatouring_031.jpg

駅舎内。
いやスゴイ。流石聖地。花いろ一色です。







irohatouring_032.jpg

そういや鉄道むすめって企画もありましたねぇ。どうもあまりぱっとしない印象でしたが。
みぶなつき氏の絵は好きなんですけど。








irohatouring_033.jpg

やっぱり、経営は厳しいようで。
花いろで少しは観光客ニーズが増えてると思いたい。








irohatouring_034.jpg

irohatouring_035.jpg

irohatouring_036.jpg

irohatouring_037.jpg

irohatouring_038.jpg

ヒロインたちの名所案内ポスター。
え、ヒロイン?てな方が一人混じtt・・・おやこんな時間に誰か来たようだ。

しかし、アレだな。
結名のふとももが性的すぎて、ツーリングで火照った体では正直「性欲を持て余す」。









irohatouring_041.jpg

交流ノート置き場。結構な冊数になってました。
今でも日にいくつもの書き込みが。お盆休みだからというのもあるかもしれませんけど。










irohatouring_042.jpg

時刻表。
まあ、大体1時間に1本といったところ。
乗り換えに何十分待ちとか書いてあるのを見ると、なんともゆったりした時間が流れてるのを感じます。






irohatouring_043.jpg

西岸駅概要とか。





irohatouring_050.jpg

これなんだろう。
雪国育ちでない自分には謎の装置。雪が降ってきたら押す?んだろうけど。






irohatouring_045.jpg

irohatouring_046.jpg

トイレに行って吹いた。
誰だどさくさに紛れて置いたのは!






irohatouring_047.jpg

irohatouring_049.jpg








結局、西岸駅には1時間以上居たような気がしますが、
他にも同業者の方々が常に2~3名いらっしゃるような状態で、いまだ花いろ熱冷めやらずといった印象でした。
で、やっぱり皆さんのと鉄道で移動してくるんですね。電車の旅もちょっといいなぁと思ったり。








さて、そろそろ次の目的地へ。
本日の宿泊地は金沢市内ですが、その途中にある気多大社に寄り道。
神社と聞くととりあえず寄る私。







irohatouring_syasai006.jpg

って、走り出した瞬間に大雨とかそれなんていやがらせ?





天気に毒づきながらとりあえず到着。





irohatouring_052.jpg

鳥居。
朱に塗られていない、落ち着いた雰囲気が漂ってますな。






irohatouring_053.jpg

社務所。





irohatouring_054.jpg

拝殿への入り口。
重厚感たっぷりの門構え。

ここに巫女さんが立ってたのですが、カメラを向けたのに気付くとすっと物陰に隠れちゃいました。
何人かいらっしゃったのですが、いずれの方も同じ。
記念撮影する人が多いので、邪魔にならないようにされてるのでしょうか?

写真に後姿とか入れられるといい感じになりそうだったのですが、ちょっと残念。
まあ、自分も他の人の写真にはなるべく写らないようにしてますけどね。




irohatouring_055.jpg

irohatouring_056.jpg

手水舎。
ここは竹なんですね。






irohatouring_057.jpg

拝殿。
渋いなぁ。かなり時代を感じさせますね。





irohatouring_058.jpg

周辺は原生林が広がっており、鬱蒼とした森になってます。
苔むした鳥居。
流石に暗くてちょい手ブレしてます。






irohatouring_059.jpg

森の中にたたずむお社。









irohatouring_061.jpg

気多大社は縁結びとして有名らしく、境内のいたるところにカップルが幸せを願った絵馬が。
あ、写真は菅原神社ということで合格祈願がほとんどですけど。







irohatouring_051.jpg





大社、というには結構こぢんまりしてますが、なかなか落ち着いた雰囲気の神社でした。
縁結びで有名だけあってカップル率が高いので要注意(笑









さらに移動して、千里浜のなぎさドライブウェイへ。
ここは砂浜の上を車がフツーに走れるようになってます。

相変らず天気は良くなく、波も結構高かったのですけど、
海水浴場にはそれなりの人出がありました。
まあ気温は高かったですからねぇ。








irohatouring_062.jpg

スタート地点はこんな感じ。
この先もずーっと車で進むことができます。

バイクで走ってきた方々がいらっしゃったんで感想を聞いてみましたけど、
ちょっとハンドルが取られるけどバイクでもフツーに走れるとのことでした。

自分は塩分が怖かったんで走るのはやめておきましたけど、
一度はオフ車とかで走ってみたい。






irohatouring_063.jpg

irohatouring_064.jpg

雪像ならぬ砂像が。
こういうの作れる人ってすごいなぁ。

雪像と言うと、今年のさっぽろ雪まつりのミクさんを思い出す・・・








さて、いよいよ湯涌温泉へ向かいます。


後半へ続く。


コメント

非公開コメント